熱々の瓦の上にそば!? パリもち食感がたまらない注目グルメ「瓦そば」とは

TBS Topics


インパクト大!「瓦そば」

熱々の瓦に、そばと彩り豊かな具材がのった「瓦そば」。
高級宇治抹茶が練りこまれた茶そばの上に、錦糸卵・牛肉・香りと甘みのある下関のネギ・海苔がトッピングされています。レモン・もみじおろしの薬味が華やかさをプラス。

「瓦そば」「瓦そば」

お店秘伝のかつおと昆布のつゆにつけて、いただきましょう。

秘伝のかつおと昆布の出汁秘伝のかつおと昆布の出汁

抹茶の香り漂う熱々の茶そばがおいしく、薬味と一緒に食べると違った味わいも楽しめます。

おいしさの秘密

「瓦そば」の特徴は、そばの両面を鉄板で焼き上げてから300度ほどに熱した瓦へのせること。

300度ほどに熱せられた瓦へのせる300度ほどに熱せられた瓦へのせる

そばに香ばしさとパリパリの食感が生まれ、風味豊かな香りもより引き立ちます。
瓦にのせていただくうちに、下の方のそばはさらにカリカリに。

下の方の茶そばはカリカリに下の方の茶そばはカリカリに

接していない部分はもっちりした食感で、一度でカリカリ・もっちりの2つの食感が楽しめるのが醍醐味です。

ちなみに「瓦そば」は、西南戦争の時に兵士が瓦を使って肉や野菜を焼いていたという話をヒントにして生まれました。今では山口県を代表するソウルフードとして愛されています。

「瓦そば」を食べられるのは?

瓦そばの元祖と言われる「元祖瓦そば たかせ」は、山口県下関市に本店があります。
王様のブランチ』の「弾丸グルメ」コーナーで訪れた門司港レトロ店では、伝統ある本店と変わらない味を堪能でき、連日多くのお客さんで賑わっています。

「元祖瓦そば たかせ」「元祖瓦そば たかせ」

 

店名:元祖瓦そば たかせ 門司港レトロ店
住所:福岡県北九州市門司区港町5-1

週末おすすめなトレンド情報が満載
王様のブランチ
(TBS系列土曜9時30分~14時)