「しめ縄」は飾りによってご利益が変わるって知ってました?

TBS Topics


お正月を迎える前に飾る、正月飾り。様々な種類や値段のものがありますが、一体どんな違いがあるのでしょうか。正しい選び方と、正月飾りを付けたい時期も紹介します。

重要なのは付いている飾り

年神様を迎え、悪いものを家に入れないという意味のあるしめ縄飾り。
「牛蒡締め」「玉飾り」「輪飾り」など様々な種類のものがありますが、実は値段・大きさ・形でご利益に差があるわけではありません

もっとも重要なのは、付いている飾りの種類。

付いている飾りが重要付いている飾りが重要

付いている飾りひとつひとつに、それぞれ違う意味とご利益があるからです。そのため、望むご利益にあった飾りのついたしめ縄飾りを選ぶのが、正しい選び方になります。

【飾り別】期待できるご利益

しめ縄飾りに使われている、代表的な4つの飾りのご利益をご紹介します。

① 「梅」

梅は、春に他の花よりも先駆けて咲くことから、出世の象徴とされています。そのため、出世したい会社員の方におすすめの飾りです。

出世の象徴「梅」出世の象徴「梅」

 

② 「裏白」

「裏白」は、葉の裏が白い植物。白髪になるまで長生きするという意味があり、長寿のご利益があります。このことから、年配の方がいる家庭におすすめの飾りです。

長寿のご利益「裏白」長寿のご利益「裏白」

 

③ 「ゆずり葉」

「ゆずり葉」は、葉が落ちるときに次の葉に役目を譲るように落ちることから、子孫繁栄のご利益があると言われています。また、子孫繁栄の他、子供を望んでいる家庭にも向いています。

子孫繁栄のご利益「譲り葉」子孫繁栄のご利益「譲り葉」

 

④ 「橙(だいだい)」

橙は、一度なった実が3年経っても落ちないことから“代々栄える”という意味があるため、家族で商売をされている家庭におすすめです。

代々栄える「橙」代々栄える「橙」

 

正月飾りを飾るのはいつ?

正月飾りを飾る時期は、12月13日~12月28日の間が良いとされています。

12月13日~12月28日の間が良い12月13日~12月28日の間が良い

12月13日が良いのは、鬼が休んでいる「鬼宿日」にあたるから。鬼に邪魔されることがないので、飾りつけを始めるのに良いとされています。

28日までに済ませておきたいのは、28日が末広がりの吉日だから。
29日は、「二重苦」を連想させ縁起が良くありません。また、30日・31日になると「一夜飾り」に。急いで準備をしなければならないお葬式を連想させてしまうので、こちらも良くありません。

28日までに済ませる28日までに済ませる

(※三十日は、旧暦で大晦日にあたります)
正月飾りは28日までにすませておきましょう。

ちょっと気になる“差”を徹底調査
この差って何ですか?
(TBS系列火曜よる7時~)