“地球の未来を救う”ため、日村が新時代の発電に挑戦!

TBS Topics


12月23日(月)深夜24時26分からTBS系列で放送される『理論上可能です。』。この番組は、学者の言う“理論上可能”なアイデアを立証し人類を進歩させるべく、バナナマン日村勇紀さんが体を張ってロケに挑む人類進化バラエティです。 

バナナマン日村さんが体を張って挑戦バナナマン日村さんが体を張って挑戦

今回のテーマである「地球の未来を救う夢の発電機」を立証するため、学者や専門家が作った“理論上可能”な発電機を使って、日村さんがスマートフォンの充電に挑戦! 群馬県赤城山の“日本最大級の大滝”と、ニュージーランドの “世界一の強風スポット”を訪れ、“理論上可能”なアイデアが検証されました。

日本最大級の滝つぼへ突入!

まず日村さんが訪れたのは、群馬県赤城山の名瀑「不動大滝」。滝の水温2.5度という極寒の中で検証が行われました。

ここで行う“理論上可能”な検証は、落ちてくる滝の水の勢いを利用した水力発電。 
巨大なダムを作る必要もなく、より簡易的に発電を可能にする夢の装置「タッキー3号」を滝つぼに設置するため、滝つぼに入る日村さんとスタッフ一同。水の勢いが激しいほど発電機の効率が上がるという専門家の言葉を受け、20kgの発電機を運ぶが…滝の水圧が強すぎで近付けず、まさかの30秒で撤退。

スマホをフル充電できるか検証スマホをフル充電できるか検証

日村さんは「これ無理! こんなのよくやらせるな!ずっと水に引っ叩かれてる!!」と訴え、「一回、出ようか」を連発。果たして、滝つぼに発電機を設置し、スマホを充電することができるのでしょうか!? 

世界一強い「風」が吹くニュージーランドへ

続いて訪れたのは、ニュージーランドのウェリントン。台風並みの風が吹き、年間の平均風速が世界で一番強いといわれるこの街で凧を飛ばし、その風力でスマホをフル充電できるかを検証。 
ところが撮影開始早々、あまりの強風で凧を持っていた日村さんの巨体が吹き飛ばされ、さらに体が宙に浮くという緊急事態が発生!

凧を飛ばしスマホをフル充電できるか検証凧を飛ばしスマホをフル充電できるか検証

「設楽さん、このロケ難しすぎる。全然うまくいかない。どんどん壊れていく!」と、スタジオの設楽統さんに向けて口走る日村さん。 
想像をはるかに超えて過酷な撮影は、トライ&エラーの繰り返し。ゴールの見えないロケ…はたして日村さんの運命は!? 

笑いあり、感動ありの『理論上可能です。』は23日深夜24時26分から放送です。どうぞお見逃しなく! 

番組情報

『理論上可能です。』12月23日(月)深夜24:26~25:25 
[スタッフ]
製作著作 : TBS 
企画・演出 : 大井田遼太 
プロデューサー : 小林弘典 
                        時松隆吉 
[出演者] 
MC : バナナマン(設楽 統、日村勇紀) 
ゲスト(※50音順)
大友花恋 
濱口 優(よゐこ
堀田 茜 
専門家(※50音順)
速水浩平(滝発電専門家) 
藤井裕矩(凧発電専門家) 

同時ネット : HBC、IBC、TBC、TUY、TUF、SBC、RSK、ITV、RKB、RKK 
異時ネット : MRT:1月3日(金)深夜26時~ 
OBS : 1月7日(火)深夜23時56分~ 
KUTV : 1月9日(木)深夜23時56分~ 
MRO : 1月31日(金)深夜24時20分~

PICK UP