人類最古の職業「羊飼い」ってどんな仕事?

TBS Topics


人類最古の職業ともいわれる職業「羊飼い」。フランス・ピレネー地方に、伝統的な羊飼いの仕事を現代に受け継ぐ一人の男性がいます。紀元前から変わらないという伝統的な仕事とは、一体どんなものなのでしょうか?

誇り高き「羊飼い」

フランス・ピレネー地方で羊飼いをしているジャヴィエ・オテロさん。

羊飼いをしているジャヴィエ・オテロさん羊飼いをしているジャヴィエ・オテロさん

春から秋にかけての半年間、水道も電気も通っていないピレネーの山小屋に寝泊まりし、およそ1,200頭もの羊を預かり放牧することが主な仕事。羊の命を預かるため、責任重大です。

相棒は3匹の牧羊犬

ジャヴィエさんの相棒は3匹の犬たち。     

羊を追いかけて移動させるのが、「カレア・カステラーノ・マンチェゴ」のモロくんと娘のウルちゃん。スペイン起源の犬種で、飼い主にとても友好的で忠実な牧羊犬です。

「カレア・カステラーノ・マンチェゴ」「カレア・カステラーノ・マンチェゴ」

そしてもう一匹が、羊の群れの中で生活するピレネー犬、イルくん。ヒグマなどの外敵から羊たちを守ります。

ピレネー犬、イルくんピレネー犬、イルくん

モロくんはジャヴィエさんと共に早朝から山に登り、日が高くなる正午までに羊たちを山から下ろして日陰のそばで休ませます。

散らばった羊たちを見事に集める散らばった羊たちを見事に集める

イルくんは生まれたときから羊の群れの中で暮らしていることから、群れを家族だと思って守ろうとします。飼い主のジャヴィエさんが近づいても一定の距離を保ち、吠えて威嚇します。

吠えて威嚇吠えて威嚇

 

文化遺産でもある羊飼いの仕事

紀元前から始まり、今も変わらず大自然や動物を相手に働く羊飼いの仕事は、とても尊いもの。歴史的にも貴重な伝統として、文化遺産として認められています

文化遺産でもある羊飼いの仕事文化遺産でもある羊飼いの仕事

ピレネー地方は、人の手で開拓されていない、動物たちには素晴らしい環境。ジャヴィエさんは、働いていると大自然の一部になれたような気分になると語ります。

壮大な自然と、「羊飼い」という伝統。未来まで大切に守っていきたい世界複合遺産です。

世界のあらゆるふしぎを解き明かす!
世界ふしぎ発見!
(TBS系列:土曜よる9:00~)