ご飯好き集まれ!最高級の新米を堪能できる「かま炊きめしや こめ太郎」

TBS Topics


日本を代表するブランド米、新潟県魚沼産のコシヒカリ。最高ランク「特A」を保持(※Catari編集部調べ)するおいしいお米として日本中で愛されています。
王様のブランチ』では、そんなコシヒカリの新米を思う存分堪能できるお店を発見しました!

ぴかぴかに輝く新米コシヒカリ

魚沼産のコシヒカリの新米を楽しめるお店とは、「かま炊きめしや こめ太郎」。
メニューにある「こしひかり定食」では、9月に収穫したばかりの南魚沼産“新米コシヒカリ”をお釜で炊き上げています。

「こしひかり定食」「こしひかり定食」

注文を受けてから小釜で炊き上げるため、本物の「炊き上がり」を味わうことが可能。

小釜のフタを開けると、ぴかぴかと光り輝くお米が姿を現します。

光り輝くお米光り輝くお米

一粒一粒がきちんと立ったお米は、モチモチしていて甘さがあり、そのおいしさにお箸が止まらなくなるほど。

おかずはシンプルながらも厳選された食材ばかりで、たとえば「ぬか漬けキュウリ」は、南魚沼産コシヒカリのぬかで漬けたものです。

「ぬか漬けキュウリ」「ぬか漬けキュウリ」

 

大きな釜戸で米を炊いた定食も

「越後もち豚とんかつ定食」のお米は、薪をくべた大きな釜戸で炊いたもの。粒が立ちコシヒカリ本来のおいしさを味わうことができます。

大きな釜戸で炊いた新米大きな釜戸で炊いた新米

とんかつに使われているのは、地元・南魚沼のブランド豚の「越後もち豚」。まろやかな甘みが特徴で、ポン酢などと合わせていただきます。

「越後もち豚とんかつ定食」「越後もち豚とんかつ定食」

 

地元の人も太鼓判を押すお店

「かま炊きめしや こめ太郎」があるのは、新潟県南魚沼市。地元の人も口をそろえて太鼓判を押すお店です。

「かま炊きめしや こめ太郎」「かま炊きめしや こめ太郎」

古民家を改築したお店では、囲炉裏で焼いた鮎(※魚は季節で変わります)を食べることもできます。

また、店内で食べるコシヒカリは南魚沼の名山・八海山(はっかいさん)の湧き水を使って炊き上げられており、旨味と甘さが存分に引き出されています。

八海山(はっかいさん)の湧き水八海山(はっかいさん)の湧き水

 

ちなみに、南魚沼産コシヒカリはナゼおいしい?

南魚沼産のコシヒカリがおいしい理由は3つあります。

理由① 寒暖差の激しい環境

南魚沼地方の気候は、寒暖差が激しいのが特徴。この寒暖差によりお米にストレスがかかり、糖度が高くなり、お米が甘くなります。

寒暖差の激しい環境寒暖差の激しい環境

 

理由② ミネラル豊富な伏流水

峰が起伏してできた山に恵まれる南魚沼地方は、ミネラル豊富な伏流水が注がれる水田でお米を栽培しています。

理由③ 農家の人の細やかな手入れ

朝・昼・晩と田んぼの水を抜いて、水質を管理しているそう。農家の方が愛情込めて手入れをしているため、おいしいお米が育ちます。

自然の環境、大地の恵み、人々の愛情がつまっているからこそ、おいしいコシヒカリができるのですね。

店名:かま炊きめしや こめ太郎
住所:新潟県南魚沼市上一日市323-5

週末おすすめなトレンド情報が満載
王様のブランチ
(TBS系列土曜9時30分~14時)