「ウソ・ホラ・ガセ・デマ」の正しい使い分け、できますか?

TBS Topics


事実ではない、ありもしないことをいう「ウソ」。「ホラ」「ガセ」「デマ」もすべて「ウソ」の一種ですが、それぞれ意味が異なります。この3つにはどんな差があり、どう使い分けるのが正解でしょうか。

正しく使い分けるポイントは2つ

「ホラ」「ガセ」「デマ」の使い分けには、2つのポイントがあります。1つ目は「ウソだと分かっているか」、2つ目は「悪意があるかないか」です。

使い分けのポイント使い分けのポイント

つまり、「ホラ」「ガセ」「デマ」は、発信者がどういう意図・状況でウソの情報を流しているかによって使い分けます。

①ホラの語源はホラ貝

「ホラ」とは、発信者がウソだと分かっていながら流す情報ですが、悪意はないもの。相手を楽しませるという目的で用いられることもあり、そのウソによって、誰かが傷つくことなどはありません。

相手を楽しませる「ホラ」相手を楽しませる「ホラ」

ホラの語源は、ホラ貝。吹くと見た目以上に大きな音を出すことから大げさなことを言うのをホラ吹きといいますが、このホラと同じです。

ホラの語源はホラ貝ホラの語源はホラ貝

悪意はないものの、発信者が意図的に発しているウソということになります。

②ガセは「お騒がせ」

「ガセ」は、発信者がウソだと分からないまま、悪意なしに流す情報のこと。

悪意なしの情報「ガセ」悪意なしの情報「ガセ」

 
ガセは「お騒がせ」からできた言葉。ウワサ話の段階で情報を広めて周囲を騒がせることをあらわしています。

ガセは「お騒がせ」からできた言葉ガセは「お騒がせ」からできた言葉

発信者がウソを発しているという意識がないところがホラやデマと異なります。

③デマの語源は政治用語

「デマ」は、発信者がウソだと分かっていながら、悪意を持って流した情報のこと。

悪意のある「デマ」悪意のある「デマ」

 
意図的なウソの情報・悪宣伝という意味のドイツの政治用語「デマゴギー」からきています。つまり、そのウソの情報で誰かを傷つけたり、陥れたりする目的で流されるものです。

「デマゴギー」「デマゴギー」

ウソか本当か分からない「デマカセ」ではありませんので注意しましょう。

「ウソ」「ホラ」「ガセ」「デマ」。間違った使い方をすると、あらぬ誤解を招くことがあるかもしれません。正しく使い分けていきたいですね。

ちょっと気になる“差”を徹底調査
この差って何ですか?
(TBS系列火曜よる7時~)

 

PICK UP