「鮭」と「サーモン」。何が違うか説明できますか?

TBS Topics


鮭を英語でいうとサーモンですが、日本では「鮭」と「サーモン」が使い分けられていますよね。この違いが何なのか、ご説明します!

鮭とサーモン、その違いは…

鮭とサーモンの呼び方の違いは、“食べ方”“育ち方”にあります。

鮭は煮たり焼いたりして火を通して食べますが、サーモンはお寿司・お刺身など生のまま食べます。
また日本では基本的に天然のものを「鮭」とし、生食用に養殖したものを「サーモン」と呼んでいます。

「生食用に養殖した鮭」がサーモン「生食用に養殖した鮭」がサーモン

このような違いがある理由は、天然の鮭がエサにしているオキアミにあります。
オキアミはまれにアニサキスという寄生虫を食べてしまうことがあり、それを食べた鮭に寄生するケースも。

アニサキスが寄生したものを生で食べると腹痛などを起こす危険性があるため、鮭は加熱して食べるのが一般的です。

鮭は加熱して食べる鮭は加熱して食べる

一方、養殖で育つサーモンは、ペレットと呼ばれる粒状のエサや魚粉を食べています。
これらのエサには寄生虫が混入する心配がないため、サーモンは生で食べることができます。

生で食べられるサーモン生で食べられるサーモン

 

日本にサーモンを広めた人物とは

実は、国内でサーモンが食べられるようになったのは1986年のこと。日本にサーモンを広めたのは、日本で漁業関連の仕事をしていたノルウェー人のビョーン・エイリク・オルセンさんです。

鮭・マス類の養殖量・漁獲量が世界一のノルウェーでは1970年代から鮭の養殖が行われており、養殖した鮭を生で食べることもできました。
日本では寄生虫の心配から鮭を加熱して食べていたため、生食用のものに「鮭」という名前がついていては買ってもらえないと考えたオルセンさんは、生の鮭に「サーモン」と名付けて売り出すことを思いつきます。

生の鮭に「サーモン」と名付ける生の鮭に「サーモン」と名付ける

さらにオルセンさんは、1980年代の日本に増え始めていた回転寿司にも注目。当時の回転寿司店ではリーズナブルで目新しいメニューの開発に力を入れており、オルセンさんがサーモンのお寿司を売り込んだところ大ヒットしました。

回転寿司にサーモンを売り込む回転寿司にサーモンを売り込む

その後もノルウェー首相が来日してキャンペーンを行ったり、サーモン寿司のプロモーション映像を作成してPRを実施した結果、サーモンは回転寿司の「顔」として不動の人気を獲得しました。

日本の「ご当地サーモン」

このように日本に定着したサーモンですが、現在は国内でもサーモンの養殖が盛んに行われるようになり、全国各地の「ご当地サーモン」の数はなんと80種類以上。

80種類以上ある日本のご当地サーモン80種類以上ある日本のご当地サーモン

みかんのエキスを混ぜたエサで育てた愛媛県の「宇和島みかんサーモン」や、15年を費やして養殖に成功した滋賀県の「びわサーモン」など、エサや育て方に各地の特色が表れたサーモンを楽しむことができるようになりました。

ちょっと気になる“差”を徹底調査
この差って何ですか?
(TBS系列火曜よる7時~)

 

■10/22(火)の「この差って何ですか?」は、言われると気になるこの差ランキング! 

 

PICK UP