ただキレイにするだけじゃない!「トリマー」のお仕事に密着

TBS Topics


犬や猫などの体毛をカットする動物の美容師、トリマー。小学生女子の「なりたい職業ランキング」で常に上位に入る人気のお仕事です。
『ジョブチューン』では、月に約300匹もの予約が殺到するカリスマトリマー・小島麻里さんのお仕事に密着しました。

作業は主に4つに分類

トリマーの主な作業は、「足回りのお手入れ」「ブラッシング」「シャンプー」「カット」の4つに分かれます。

トリマーの仕事内容トリマーの仕事内容

 

①足回りのお手入れ

最初に行うのは、足回りのお手入れ。バリカンを使って肉球まわりの毛をカットします。足の裏の肉球まわりの毛が伸びてしまうと、フローリングや外を歩いた時に滑って転び、怪我をしやすくなってしまいます。

肉球まわりの毛をカット肉球まわりの毛をカット

トリミングには犬や猫をおしゃれにするだけでなく、健康面を管理するという一面もあります。

②ブラッシング、③シャンプー

足回りのお手入れが終わったら、ブラッシングで毛のもつれをほどき、専用のシンクでシャンプーをします。

細かい泡でシャンプー細かい泡でシャンプー

ここで小島さんはひと手間を加えます。シャンプーをお手製の泡立て器で泡立て、細かい泡を作っていきます。細かい泡の方が、より体の匂いや汚れが落ちやすくなるそうです。

④カット

シャンプー後、専用のドライヤーで乾かしたら、いよいよハサミを使ってカットします。
顔まわりのようにぼかしてカットしたい場所はジグザグの犬用すきバサミを使うなど、カットする場所によってハサミを変更。ここでも小島さんの技が光ります。

犬用すきバサミを使用犬用すきバサミを使用

きれいにカットしたらトリミングは完了。飼い主さんにお返しして終了です。

トリミング完了トリミング完了

 

保護犬のトリミングも

飼い主からの依頼だけではなく、保護団体から依頼を受けてトリミングし、保護団体へお返しすることもあります。

保護犬保護犬

こうした保護犬は、トリミングで可愛く清潔にしてあげることで新しい飼い主が決まりやすくなるため、小島さんのように無償でケアをするボランティアのトリマーさんも多いとのこと。

保護犬の中には飼い主の愛情を受けておらず、人を怖がる子もいるため、「大丈夫だよ」「怖くないよ」と優しく声を掛けながら作業を進めます。
人間の緊張や不安が犬に伝わらないように、楽しそうに笑顔でいることが大事だそうです。

トリミングで可愛らしく変身トリミングで可愛らしく変身

小島さんの手により見違えるほど可愛くなったワンちゃん。新しい飼い主が早く見つかるといいですね。

下北沢の大人気サロン経営者

協力していただいたのは下北沢のサロン「soup*spoon」の小島さん。
トイプードルのドレッドヘアーなど、次々と斬新なヘアスタイルを世に送り出しています。

カリスマトリマー小島麻里さんカリスマトリマー小島麻里さん

今回の密着でも、小島さんならではのこだわりが随所に感じられました!

店名:soup*spoon
住所:世田谷区北沢2-7-2

“職業のヒミツ"をぶっちゃけ!
ジョブチューン
(TBS系列:土曜日よる8時~)

 

PICK UP