小さい靴を履き続けると危険!かかとに痛みがある人は要注意

TBS Topics


普段、自分の足のサイズより小さな靴・幅が狭い靴を選んでいませんか?
足に合わない靴を履き続けていると、足の一部が変形してしまうことがあります。中には、心配な病気につながるケースも。小さな靴が原因で起こる症状や、解消方法についてご紹介します。

小さい靴で足が変形する

“自分の靴は小さめかも?”と感じたらチェックしてみると良いかもしれません。

履いている靴のインソールを取り出して足へ当ててみて、足の側面や指がはみ出ていたらサイズが合っていない可能性があります。

靴のインソールを取り出してチェック靴のインソールを取り出してチェック

小さな靴・幅の狭い靴を履き続けると、足の指や甲が靴の中で行き場を失い、変形が起こることがあります。

足指の変形

足指を伸ばせない状態のまま靴を履き続けると、やがて足の指先が曲がってしまいます。この足指の第一関節が曲がることを「マレットトゥ」、第二関節が曲がることを「ハンマートゥ」といい、どちらも合わない靴が原因で起こる足指トラブルです。

「マレットトゥ」と「ハンマートゥ」「マレットトゥ」と「ハンマートゥ」

 

足の甲の変形

窮屈な靴を履くことによって足の甲が盛り上がった状態を「ハイアーチ」と呼びます。

「ハイアーチ」「ハイアーチ」

一般的な足の甲とは見た目が違うだけではなく、足の裏への負担も大きくなってしまう変形です。

一般的な足とハイアーチ一般的な足とハイアーチ

 

足底筋膜炎になることも

足にとって不自然な状態であるマレットトゥ・ハンマートゥやハイアーチは、足の健康のためにも良くありません。

不自然な状態の足不自然な状態の足

特に、足の裏へ大きな負担がかかるハイアーチを放置すると、土踏まずを支える「足底腱膜」に炎症が起き、「足底腱膜炎」という病気になってしまうケースも。

「足底腱膜炎」「足底腱膜炎」

足底腱膜炎の主な症状は、かかとの痛み。かかとに痛みを感じる人は注意が必要です。

改善方法は?

合わない靴による足の変形を防ぐには、硬くなった腱をほぐすことが効果的。すでに変形が見られる場合も改善が見込めます。

おすすめは、足の指を1本ずつ前後させて腱をほぐす運動。

腱をほぐす運動腱をほぐす運動

すべての指を10回ずつ前後させ、朝・昼・晩と行いましょう。

今すぐ使える健康情報が満載!
名医のTHE太鼓判!
(TBS系列:月曜よる7時~)

 

■9/23(月)の『名医のTHE太鼓判!』は、激辛…早食い…暴食!! 一歩間違えば人生崩壊SP!

 

PICK UP