あなたは大丈夫?女性に多く見られる足のトラブル、原因&改善方法

TBS Topics


タコや変形といった足のトラブルは、その多くが普段の良くない習慣や靴が原因です。女性に多くみられる足のトラブルの原因と改善方法を3つご紹介します。

症状① 小指下の外側にタコ

小指の下の外側にできるタコは、歩くときに足の指を使っていないことが原因です。
本来歩くときは、かかとから着地してつま先で蹴り出しますが、足の指が使えていないと足が左右に揺れる歩き方(ペタペタ足)に。小指下の外側に重心が集中してしまうため、タコができます。

左右に揺れる歩き方左右に揺れる歩き方

さらに、このタコの部分で歩くようになるため、小指が使われずに変形してしまうこともあります。

小指が使われずに変形小指が使われずに変形

特にサンダルはつま先に力が入りにくく、ペタペタ足になりやすいので要注意です。

このペタペタ足の改善に効果的なのが、足の指を開いたり閉じたりする“グーパー運動”。朝と晩の1日3回行いましょう。

グーパー運動グーパー運動

 

症状② ハンマートゥ

指の形がハンマーのように変形してしまう、ハンマートゥ。

指の形がハンマーのように変形してしまう「ハンマートゥ」指の形がハンマーのように変形してしまう「ハンマートゥ」

多くはが原因です。例えば、紐をきちんと結んでいないなど、靴の中で足が前に滑ってつま先が圧迫されるために起こります。

つま先が圧迫されることが原因つま先が圧迫されることが原因

また、前のめりになりやすいヒールや小さすぎる靴も原因です。放置すると足の変形につながるので要注意です。

ハンマートゥ対策に効果的なのは、“足指のマッサージ”

足指のマッサージ足指のマッサージ

関節を伸ばしたり、凝り固まった筋肉をほぐしたりすることで、改善が期待できます。

症状③ 細すぎる足

スリムな細い足には憧れますが、あまりにも足が細すぎるのは要注意。筋肉量が少ないと細い足になるからです。親指と人差し指で輪を作り、足の一番太いところに指が回るようであれば、筋肉量が少ないという目安になります。

筋肉量が少ないという目安筋肉量が少ないという目安

筋肉量が少ないと、血液が流れにくくなる“うっ滞”が起こり足が紫色になります。また、足がつりやすくなったり、足があがりにくくなったりするため、つまずいて転びやすくなる症状も。

改善策は、ふくらはぎの筋肉を鍛えること。椅子に座り、かかとを床につけてつま先だけをあげる運動を、1日30回×3セット行ってください。

つま先あげ運動つま先あげ運動

気になる症状は、早めに対策しましょう。

今すぐ使える健康情報が満載!
名医のTHE太鼓判!
(TBS系列:月曜よる7時~)

 

■9/16(月)の『名医のTHE太鼓判!』は、奇跡の痩せ食材&美女の足裏&悩み大改善SP

 

PICK UP