箱根駅伝「新・山の神」 浦野雄平の勝負強さの秘密

TBS Topics


2019年の箱根駅伝で通称“山登りの5区”を走り、区間新記録を樹立。「新・山の神」の称号を手にした浦野雄平選手が、「マスク・ド・ランナー」として『炎の体育会TV』に出演し、天才キッズたちと800m勝負に挑みました。
日本陸上界を担うアスリートとして、浦野選手が見せてくれた実力とプライドとは?

「新・山の神」は期待のスーパーアスリート!

2019年の箱根駅伝で一躍注目を浴びた浦野選手。「2019年の箱根駅伝で最もインパクトを与えた選手」ランキングで見事1位を獲得しています。

「新・山の神」浦野選手「新・山の神」浦野選手

箱根駅伝以外にも、大学クロスカントリーの日本代表としても活躍中。確かな実力を持つ、若きスーパーアスリートです。

体脂肪6%! 強いフィジカルとメンタルが凄い

浦野選手の強さは、急斜面でも衰えることのない広いストライドを生かした走りにあります。

急斜面でも衰えない広いストライド急斜面でも衰えない広いストライド

その走りを生み出しているのは、体脂肪率6%という強靭な肉体。

体脂肪率6%の強靭な肉体体脂肪率6%の強靭な肉体

しかし、浦野選手の強さはフィジカル面だけではありません。

キッズたちとは、800mのコースを3本勝負。このコースのラスト300mは、箱根駅伝5区をはるかに超えた15度の急斜面を一気に駆け上るという過酷な条件です。途中、腕のしびれに襲われながらも、「足が壊れても絶対に勝ってやる」とはっきり宣言して激走。

「勝つ」と決めたら絶対に有言実行「勝つ」と決めたら絶対に有言実行

レースでは、キッズたちへのハンデをものともせず全て勝利!「勝つ」と決めたら絶対に有言実行してしまう強いメンタルと、トップアスリートとしてのプライドを見せつけました。

素顔はさわやかな好青年!

レースを終えて正体を明かした浦野選手は、勝負中の強気な表情とは違うさわやかな笑顔。
キッズたちに胸を貸す立場だったにもかかわらず、「今日はありがとうございました。自分も刺激になりました」と丁寧にお礼を言うスポーツマンシップを見せ、キッズたちには「さらに上を目指してほしい」とエールを送りました。

キッズたちにお礼を言う浦野選手キッズたちにお礼を言う浦野選手

これからの活躍に期待がかかる浦野選手。アスリートとしての実力だけでなく、内面にも注目しながら応援していきたい選手の1人です。

究極のスポーツバラエティ  
炎の体育会TV
(TBS系列:土曜よる7時~)