居酒屋に生ビールと瓶ビールはあるのに、「缶ビール」がないのはなぜ?

TBS Topics


居酒屋に行くと必ず置いてあるビール。
ジョッキに入った生ビールや瓶ビールが定番ですが、缶ビールがあるお店は中々ありません。一体なぜ、缶ビールのあるお店は少ないのでしょうか?

缶ビールは居酒屋を困らせる?

居酒屋が缶ビールを提供していない理由は「お客さんに持ち帰られてしまう可能性があるから」。お店側としては、お客さんにお酒を持って帰られると“困る”そうです。

居酒屋が缶ビールを提供していない理由居酒屋が缶ビールを提供していない理由

その理由は、もしお客さんにお酒を持って帰られてしまうと、「法律違反」になってしまうため。実は、お酒を提供する飲食店の営業許可の範囲は、「その場で飲むお酒の提供」のみ。

「その場で飲むお酒の提供のみ」が飲食店の営業許可「その場で飲むお酒の提供のみ」が飲食店の営業許可

つまり、「持ち帰るお酒の提供」は飲食店の営業許可の範囲外となります。

お酒の持ち帰りは営業許可の範囲外お酒の持ち帰りは営業許可の範囲外

同じ種類のお酒であっても、「その場で飲むお酒」と「持ち帰ることができるお酒」は法律上区別されているのです。

缶ビールは「あえて」置かない

そのため多くの居酒屋では、“軽くて持ち帰りやすい”缶ビールは「あえて提供していない」そう。

缶ビールは「あえて提供していない」缶ビールは「あえて提供していない」

瓶ビールも持ち帰られてしまう可能性を低くするために「栓を抜いた状態」で提供しています。

「栓を抜いた状態」で提供する瓶ビール「栓を抜いた状態」で提供する瓶ビール

法律上の理由で缶ビールを置いていないとは、ちょっと意外ですよね。居酒屋に行く機会があれば、話のネタにしてはいかがでしょうか。

ちょっと気になる“差”を徹底調査
この差って何ですか?
(TBS系列火曜よる7時~)

 

■9/3(火)の『この差って何ですか?』は、 「ニホン」と「ニッポン」の差は!? 

 

PICK UP