殻ごと食べられる⁉「幻の伊勢海老」を発見!

TBS Topics


高級食材として有名な伊勢海老。なかでも「幻の伊勢海老」と呼ばれる超レアな伊勢海老があります。何でも、殻ごと食べられる伊勢海老なのだとか。どんな伊勢海老なのでしょう?

衝撃!殻ごと頭から食べられる伊勢海老

幻の伊勢海老と呼ばれるのは、脱皮したばかりの伊勢海老「脱皮伊勢海老」。貴重な脱皮伊勢海老を丸ごと1匹使った「幻の脱皮伊勢海老バター焼き」は極上の一品です。

「幻の脱皮伊勢海老バター焼き」「幻の脱皮伊勢海老バター焼き」

その甲羅はパリッと香ばしく、まるで焼いた鶏の皮のような柔らかさ。ぎゅっと詰まった旨味は感動のおいしさです。もちろん、殻だけでなく身もぷりっぷり。

ぷりぷりの伊勢エビの身ぷりぷりの伊勢エビの身

実は、そもそも海老の旨味のほとんどは殻に詰まっています。
普通は硬くて食べられない伊勢海老の殻ですが、脱皮したての伊勢海老は殻が柔らかいので、旨味が凝縮した殻ごと食べることができるそう。

脱皮したての伊勢海老は殻が柔らかい脱皮したての伊勢海老は殻が柔らかい

殻も身も、伊勢海老のすべてを丸ごと味わいつくせる、なんとも贅沢な逸品です。

タイミングはたったの2時間のみ!

脱皮伊勢海老が「幻」と呼ばれている理由は、生け捕りを行うタイミングが難しいから。
伊勢海老は脱皮してからわずか2時間で殻が硬くなってしまうので、そのタイミングで生け捕りをしなければなりません。

そのため、脱皮の瞬間を逃さないように毎日24時間体制で観察する必要があります。

毎日24時間体制で観察毎日24時間体制で観察

これだけの手間がかけられている脱皮伊勢海老。「幻」と呼ばれる理由に納得です。

伊勢で脱皮伊勢海老を味わえるのはここだけ!

脱皮伊勢海老が食べられるのは、三重県伊勢市にある「倭庵 黒石(やまとあん くろいし)」。

三重県伊勢市にある「倭庵 黒石(やまとあん くろいし)」三重県伊勢市にある「倭庵 黒石(やまとあん くろいし)」

店内の生け簀には伊勢海老がぎっしり。様々な伊勢海老料理を味わうことができます。
脱皮伊勢海老が食べられるのは、伊勢ではこのお店だけ。貴重な脱皮伊勢海老、是非一度味わってみてはいかがでしょうか。

店名:倭庵 黒石
住所:三重県伊勢市倭町125-2

地元民おすすめの“絶品ご当地グルメ”
バナナマンのせっかくグルメ!!
(TBS系列:日曜よる6:30~)