コンビニの「アイス抹茶ラテ」が黒いカップに入っているのはなぜ?

TBS Topics


コンビニのカウンターで購入するカップドリンクの殆どには透明のカップが使われていますが、「アイス抹茶ラテ」はなぜか黒いカップ。そこにはきちんとした理由がありました。

抹茶味の商品には透明パッケージが使われない?

コンビニにある「アイス抹茶ラテ」は、抹茶の粉を固めたものにコーヒーマシンでホットミルクを注いで作るドリンクです。

ファミリーマートの「アイス抹茶ラテ」ファミリーマートの「アイス抹茶ラテ」

透明のカップで売られているアイスコーヒーやアイスカフェラテと違い、アイス抹茶ラテに使われているのは黒いカップ。

アイス抹茶ラテに使われているのは黒いカップアイス抹茶ラテに使われているのは黒いカップ

お菓子コーナーなどでも、抹茶味のお菓子には透明ではなく中身が見えないパッケージが使われていることがありますよね。

「抹茶」に関係するものだけ、他の商品とパッケージが違うのはどうしてなのでしょう?

理由は抹茶の「緑色」成分にあり!

抹茶味の飲み物やお菓子に透明な容器・パッケージが使われない理由は、抹茶に含まれる「クロロフィルα」という成分にあります。

クロロフィルαは抹茶の緑色の元となる成分で、光によって変色しやすい性質を持っています。
透明なカップに抹茶を入れて12時間光を当て続けると、きれいな緑色が色褪せてくすんだように変色する結果に。

光を当てると色に変化が出る抹茶光を当てると色に変化が出る抹茶

光の影響を受けないよう、アイス抹茶ラテは黒いカップで、抹茶味のお菓子は中身の見えない遮光パッケージで販売されています。

光の影響を受けないよう黒いカップを使用光の影響を受けないよう黒いカップを使用

抹茶の入った商品に透明な容器・パッケージが使われない理由は、「光による変色を防ぐため」でした。

ちょっと気になる“差”を徹底調査
この差って何ですか?
(TBS系列火曜よる7時~)

 

▪️8/13(火)の『この差って何ですか?』は、岡田結実がデビュー当時について告白

 

PICK UP