コンクリートで3Dプリント⁉最近のコンクリートは色々進化していた

TBS Topics


道路の縁石や河川敷、マンホールなど至るところで使われている土木用コンクリート。実は土木用コンクリートの生産量1位は北海道です。その北海道から、従来の製法を超えた最新のコンクリート生産技術をご紹介します。

型枠いらずのコンクリート?

一般的なコンクリートは、型枠に流し込んで成型されます。
しかし、型枠を使わずに複雑な形を作る技術も開発されています。それが「曾澤高圧コンクリート」という会社のコンクリート用の3Dプリンタ

コンクリート用の3Dプリンタコンクリート用の3Dプリンタ

一般の3Dプリンタと同様、曲線も自由自在に作成することができます。噴出スピードも速く、複雑なものもあっという間に形づくられていきます。

複雑なものもあっという間複雑なものもあっという間

セメントの成分を変えているので、乾くのも早く、高さを出すことも簡単。また、型枠がいらないので、コストを50%以上も削減できる画期的な技術です。

コストを50%以上も削減できる画期的な技術コストを50%以上も削減できる画期的な技術

アメリカの海兵隊では、コンクリート用3Dプリンタで兵舎を建設した実績もあるそうです。これからの活用方法が期待されますね!

水分を減らして丈夫なコンクリートを作る

「旭ダンケ」という会社では、水分を極力減らして、ひび割れしにくい丈夫なコンクリートを作る“バイコン製法“の機械を導入しています。

コンクリート製品を作るには、型の隅々にまでコンクリートを行きわたらせることが必要。そのため通常、コンクリートは水分が多いドロドロの状態です。しかし、バイコン製法で使う水は、普通の作り方の3分の2。

バイコン製法で使う水は、普通の作り方の3分の2バイコン製法で使う水は、普通の作り方の3分の2

サラサラした状態のコンクリートでは型に行きわたらせることができないように思えますが、コンクリートに強烈な振動を与えます。すると、コンクリートはドロドロになって、型の隅々まで行きわたらせることができます。

振動によりドロドロになるコンクリート振動によりドロドロになるコンクリート

 
地震のときの液状化現象と同じ原理を利用したこの製作機械は、日本でも珍しいものです。

なぜ北海道はコンクリート生産日本一?

コンクリートの技術開発が進む北海道は、実は土木用コンクリートの生産量が日本一。その理由は2つあります。ひとつは、北海道でコンクリートの材料となる頑丈な石がたくさんとれるから。

頑丈な石がたくさんとれる北海道頑丈な石がたくさんとれる北海道

もうひとつは、コンクリート製品を置く広大な土地があるからです。

コンクリート製品を置く広大な土地があるコンクリート製品を置く広大な土地がある

北海道というと食べ物が注目されることが多いのですが、土木用コンクリート生産でも日本一とは驚きですね。

経済のことが学べる
がっちりマンデー!!
(TBS系列 日曜あさ7:30~)

 

▪️8/4の『がっちりマンデー』は、回転ずしから物産展まで…アレを1人で決めてる人!