【前代未聞】衝撃のシャトーブリアン“しゃぶしゃぶ”が食べられる「東京肉しゃぶ家」

TBS Topics


高級ステーキで食べる希少部位として有名なシャトーブリアン。それをなんとしゃぶしゃぶで食べるお店があります。そのお店の名は「東京肉しゃぶ家」。

このお店では、食べログでしゃぶしゃぶ部門全国1位、2019食べログアワードも受賞したというお墨付きの絶品が食べられるとのこと。

至福のシャトーブリアンしゃぶしゃぶ

そもそもシャトーブリアンとは、1頭につきわずか約600gしかとれない希少なヒレ肉のこと。きめ細かい肉質が特徴の最も高価な部位として知られています。

1頭につきわずか600gしかとれない希少なヒレ肉1頭につきわずか600gしかとれない希少なヒレ肉

しゃぶしゃぶで使われるのは、A5ランク銘柄和牛のシャトーブリアン。
最も美味しく食べられるように、6mm~10mmの厚さにカットされています。

A5ランク銘柄和牛のシャトーブリアンA5ランク銘柄和牛のシャトーブリアン

北海道産天然真昆布を白神山地の天然水でじっくり戻した出汁でさっとしゃぶしゃぶ。自家製酢味噌をつけて一口で一気にいただきます。

シャトーブリアンにおすすめの自家製酢味噌シャトーブリアンにおすすめの自家製酢味噌

独得な食感で歯切れもよく、ステーキにした時のような脂っぽさは皆無。肉自体のおいしさを味わうことができます。

旨味を閉じ込めたホロホロのお肉旨味を閉じ込めたホロホロのお肉

昆布だしで火を通すことで旨味を閉じ込めたホロホロのお肉を口にすれば、思わず衝撃が走ってしまうかも!

サーロインと牛タンのしゃぶしゃぶも!

シャトーブリアンに加えて、サーロインと牛タンもしゃぶしゃぶでいただけます。サーロインは兵庫県の但馬(たじま)太田牛。年間約600頭しか出荷しない超希少な黒毛和牛です。

兵庫県の但馬(たじま)太田牛のサーロイン兵庫県の但馬(たじま)太田牛のサーロイン

太田牛は脂身の融点が低くしっとりとした口当たりが特徴で、10~15秒出汁に通し、薄いピンク色になったら食べごろ。このサーロイン、出汁にアクが全く出ません。このアクが出ないことこそ、高級和牛の証です。

自家製ゴマダレをつけて頂くと…あっという間に口の中で溶けていきます。

自家製ゴマダレをつけていただくサーロインしゃぶしゃぶ自家製ゴマダレをつけていただくサーロインしゃぶしゃぶ

牛タンは、アメリカ・アンガス産の最高級牛タン。
脂の旨味が強いタン元のみを使用し、しゃぶしゃぶに最適な2mmの厚みにカットされています。

しゃぶしゃぶに最適な2mmの厚みにカットされた牛タンしゃぶしゃぶに最適な2mmの厚みにカットされた牛タン

湯通しした豆苗をつつみ、トリュフ塩で食べるのがおすすめ。
牛タンならではの歯ごたえと脂の旨味を味わえます。

湯通しした豆苗をつつみ、トリュフ塩で食べるのがおすすめ湯通しした豆苗をつつみ、トリュフ塩で食べるのがおすすめ

サーロインも牛タンも、酸味をおさえるため50日前後寝かせたという自家製ポン酢とも相性抜群。味付けを変えながら極上のお肉を楽しめます。

コースのテール料理も主役級

「東京肉しゃぶ家」の“お肉3種コース”では、一品料理として出てくるテール料理も主役級のおいしさ。上質な尻尾だけでとったスープを4時間煮込み、塩のみで味付けした名物料理「牛テールスープ」や、

コラーゲンたっぷりの「牛テールスープ」コラーゲンたっぷりの「牛テールスープ」

ゴロッとした見た目とは相反する柔らかさを持つ「オックステールの醤油煮込み」など、味わい深い料理がたくさん。

オックステールの醤油煮込みオックステールの醤油煮込み

ほかにも前菜、カレーライス(半田素麺も可)、デザートがついており、お野菜はおかわり自由。

しゃぶしゃぶのために選ばれたこだわりのシャトーブリアン…一度食べたら忘れられない味になりそうです!

店名:東京肉しゃぶ家
住所:新宿区大久保1-12-3

王様のブランチ
(TBS系列土曜9時30分~14時)