大都会「銀座」で採れる“はちみつ”が存在する…?

TBS Topics


自然豊かなエリアで採れるイメージが強いハチミツですが、ビルが立ち並ぶ大都会、東京・銀座で採れるハチミツがあることをご存じですか?今回は、超高級品である「銀座のはちみつ」をご紹介します。

希少ゆえの高級さ「銀座のはちみつ」

「銀座のはちみつ」は、たった36gで1,728円。それでもギフトとして人気だそう。

36gで1,728円する「銀座のはちみつ」36gで1,728円する「銀座のはちみつ」

銀座にある世界10か国以上から厳選したハチミツを80種類以上そろえるセレクトショップ「ハチミツ専門店ラベイユ」においても、最も高級なハチミツです。

「ハチミツ専門店ラベイユ」においても、最も高級なはちみつ「ハチミツ専門店ラベイユ」においても、最も高級なはちみつ

高級な理由は、銀座にある養蜂場で採れる希少価値の高い商品であるため。しかしビルが立ち並ぶ銀座の、いったいどこに養蜂場はあるのでしょうか?

銀座のどこに養蜂場が?

「銀座のはちみつ」の養蜂場があるのは、銀座の一等地に建てられた紙パルプ会館の屋上。養蜂場に蜜を集めてくる蜂は、なんと約15万匹もいます。

養蜂場に蜜を集めてくる蜂は約15万匹養蜂場に蜜を集めてくる蜂は約15万匹

東京の真ん中にある銀座ですが、実は花の環境はとっても豊かなエリア。
蜂が飛行する半径3km以内に、皇居、浜離宮、日比谷公園があります。さらに、銀座の街には、農薬が散布されていない街路樹も並び、ミツバチには嬉しい環境です。

ミツバチには嬉しい環境の銀座ミツバチには嬉しい環境の銀座

銀座周辺の花々から蜜を吸ったミツバチたちは巣箱に戻り、木枠のなかに甘い蜜を蓄えていきます。

木枠のなかに甘い蜜を蓄えていくミツバチ木枠のなかに甘い蜜を蓄えていくミツバチ

昨年1年間で銀座のミツバチたちが集めた蜂蜜は、なんと約1.4トンにもなるとか。

季節で味が変化

「銀座のはちみつ」のもう一つの特徴が、季節によって風味が変化すること。一般的に販売されているハチミツは、アカシアなど特定の花から蜜を採っているので、基本的には同じ味です。

一般的に販売されているはちみつは基本的に同じ味一般的に販売されているはちみつは基本的に同じ味

しかし「銀座のはちみつ」は、4月は皇居に咲くソメイヨシノの桜、5月は銀座の有名な街路樹マロニエと、異なる蜜源を持つため、季節によって異なる味と香りを楽しむことができます。

季節によって異なる味と香りを楽しむことができる「銀座のはちみつ」季節によって異なる味と香りを楽しむことができる「銀座のはちみつ」

風味高くコクがあるけどスッキリした味わいの「銀座のはちみつ」は、銀座資生堂パーラーのシェフも絶賛。フレンチトーストにもぴったりです。

フレンチトーストにもぴったりな「銀座のはちみつ」フレンチトーストにもぴったりな「銀座のはちみつ」

銀座文明堂松屋銀座店では「銀座の蜂蜜カステラ」として限定販売しています。

銀座文明堂松屋銀座店で限定販売されている「銀座の蜂蜜カステラ」銀座文明堂松屋銀座店で限定販売されている「銀座の蜂蜜カステラ」

この銀座のハチミツは、もともとは養蜂場を設置したビルの管理責任者だった方が、「何か銀座のためになることを」と始めたプロジェクト。現在では銀座で働く200名ほどの方が参加して、養蜂の手伝いをしているそうです。

スポット名:ハチミツ専門店 ラベイユ
住所:中央区銀座3-6-1

お金のことが学べる!
坂上&指原のつぶれない店
(TBS系列:日曜よる7時~)

 

▪次回(6/23)の放送