トリックアートがどうやって作られているか知っていますか?

TBS Topics


目の錯覚によって楽しむトリックアート。
「立体に見える絵画」や「見る角度によってまったく違った印象になる作品」など、さまざまなものがありますよね。そんなトリックアートがどうやって作られているか知っていますか?

トリックアートの聖地のような場所

訪れたのは、トリックアート美術館「那須とりっくあーとぴあ」。

日本で唯一、アトリエがあるトリックアート美術館「那須とりっくあーとぴあ」日本で唯一、アトリエがあるトリックアート美術館「那須とりっくあーとぴあ」

ここには、バチカン市国の世界遺産「システィーナ礼拝堂」を5分の3スケールに縮小して描いたトリックアートがあります。

イタリア・バチカン市国の世界遺産「システィーナ礼拝堂」を縮小して描いたトリックアートイタリア・バチカン市国の世界遺産「システィーナ礼拝堂」を縮小して描いたトリックアート

「システィーナ礼拝堂」の壁画はルネサンスを代表する芸術家によって描かれており、曲面でも様々な角度から見られる技法が使われていることから、現代のトリックアートの参考になっているそう。

このような作品たちは、一体どのように作られているのでしょうか?

トリックアートのアトリエ!

じつは「那須とりっくあーとぴあ」は、日本で唯一アトリエを持つトリックアート美術館。このアトリエで制作アーティストの手によって作品が作られています。

実はこれらのトリックアートは、美術館にあるアトリエにて、手描きで制作されています。実はこれらのトリックアートは、美術館にあるアトリエにて、手描きで制作されています。

制作現場に入ってトリックアートの制作工程を間近で見ることも可能です。

作品が描かれる工程を間近で見学が可能作品が描かれる工程を間近で見学が可能

制作アーティスト曰く、「先にイメージ画を作り、それを大きく引き伸ばす感じで考えてトリックアートを生み出している」とのこと。

先にイメージ画を作る先にイメージ画を作る

そしてなんと、全国のトリックアート作品のほとんどがここで作られているそう!まだ世に出ていない未来の名作に出会えるかもしれませんね。

さまざまなトリックアートが楽しめる

「那須とりっくあーとぴあ」には、「ミケランジェロ館」「トリックアート迷宮?館」「トリックアートの館」と合計3つの建物があり、それぞれタイプの違うトリックアートを楽しむことができます。

合計3つの建物がある「那須とりっくあーとぴあ」合計3つの建物がある「那須とりっくあーとぴあ」

そして、館内ではトリックアートTシャツが販売されていますので、おみやげにもオススメですよ。

館内で販売されているトリックアートTシャツ館内で販売されているトリックアートTシャツ

 

スポット名:那須とりっくあーとぴあ
住所:栃木県那須郡那須町高久甲5760

王様のブランチ
(TBS系列土曜9時30分~14時)

 

PICK UP