似合う帽子の探し方教えます!ポイントはたったの2つ

TBS Topics


自分に似合う帽子を探すのって意外と難しいですよね。
実は、「顔の長さ」と「目」という2つのポイントを押さえるだけで、誰でも簡単に「自分に似合う帽子」が分かるんです。
顔のタイプ別に、どんな帽子を選べばいいのかご紹介します♪

ポイント①「顔の長さ」と「帽子のつばの長さ」を合わせる

帽子を選ぶポイントの1つめは、「顔の長さ」と「帽子のつばの長さ」を合わせること。

人の顔は、「丸顔」「卵型」「面長」「ベース型」「面長のベース型」という5つの形に分けることができます。

人の顔は、「丸顔」「卵型」「面長」「ベース型」「面長のベース型」という5つの形に分けることができます。人の顔は、「丸顔」「卵型」「面長」「ベース型」「面長のベース型」という5つの形に分けることができます。

さらに、縦と横のどちらが長いかで、2タイプに分けられます。
・「卵型」「面長」「面長のベース型」は、顔の縦が横より長い“顔が長いタイプ”
・「丸顔」と「ベース型」は、顔の縦が横より短いか同じくらいの“顔が短いタイプ”

“顔が長いタイプ”と“顔が短いタイプ”に分かれる人の顔“顔が長いタイプ”と“顔が短いタイプ”に分かれる人の顔

“顔が長いタイプ”の人は「つばが長い帽子」を、“顔が短いタイプ”の人は「つばが短い帽子」をチョイスするのがおすすめ。

「顔の長さ」に合わせて帽子を選ぶと顔と帽子とのバランスが良くなり、顔の欠点をカバーしたりチャームポイントを引き出してくれたりする効果があります。

ポイント②「目の印象」と「帽子の印象」を合わせる

人の目の印象には、大きく分けると“柔らかい目”と“キリッとした目”の2つがあります。

“柔らかい目”と“キリッとした目”“柔らかい目”と“キリッとした目”

この印象をそのまま帽子の印象に当てはめると、似合う帽子が見つけやすくなります。

“柔らかい目”の人は、つばの部分がカールしていたり波打っているもの、トップの部分が丸みを帯びているものなど、曲線的でやさしい印象の帽子が似合います。

曲線的でやさしい印象の帽子が似合う“柔らかい目”の人曲線的でやさしい印象の帽子が似合う“柔らかい目”の人

一方、“キリッとした目”の人は、つばの部分やトップが直線的でシャープな帽子を選ぶとスタイリッシュでこなれた印象になります。

“キリッとした目”の人は、つばの部分やトップが直線的でシャープな帽子が似合う“キリッとした目”の人は、つばの部分やトップが直線的でシャープな帽子が似合う

 

2つのポイントを押さえて似合う帽子を検証!

「顔の長さ」と「目の印象」という2つのポイントを踏まえ、似合う帽子を検証してみました。

“顔が長いタイプ”の人がつばの短い帽子をかぶると顔の縦幅が強調されてしまいますが、つばの長い帽子をかぶると顔の長さがカバーされてすっきりとした印象に。

“顔が長いタイプ”の人が帽子を被った検証結果“顔が長いタイプ”の人が帽子を被った検証結果

また、“顔が短いタイプ”の人がつばの長い帽子をかぶると、「帽子が頭に乗っかっている」ようでちぐはぐな印象ですが、つばの短い帽子だとバランスが良く見えます。

“顔が短いタイプ”の人が帽子を被った検証結果“顔が短いタイプ”の人が帽子を被った検証結果

また、“柔らかい目”の人が丸いフォルムの帽子をかぶるとソフトな顔立ちが引き立ってやさしい雰囲気になり…

“柔らかい目”の人が丸いフォルムの帽子をかぶるとソフトな顔立ちが引き立ってやさしい雰囲気に“柔らかい目”の人が丸いフォルムの帽子をかぶるとソフトな顔立ちが引き立ってやさしい雰囲気に

“キリッとした目”の人がシャープで直線的な帽子をかぶるとおしゃれ感がアップします。

“キリッとした目”の人がシャープで直線的な帽子をかぶるとおしゃれ感がアップ“キリッとした目”の人がシャープで直線的な帽子をかぶるとおしゃれ感がアップ

「顔」と「目」それぞれのタイプで似合う帽子が変わります。
自分のタイプの特徴に合わせて「似合う帽子」を選んでみてください!

ちょっと気になる“差”を徹底調査
この差って何ですか?
(TBS系列火曜よる7時~)

 

PICK UP