月の光で現れる幻の虹「ムーンボウ」を知っていますか?

TBS Topics


リゾート地として人気の「ハワイ」。
南国のイメージから、晴れている日が多いような印象を持ってしまいがちですが、実は“Rainbow State”(虹の州)とも呼ばれるほど、通り雨が多く虹がよく現れる場所でもあります。

その中には、「幻の虹」といわれるほど珍しい虹もあります。
情報によるとそれは、“月の光で現れる虹”とのこと。いったいどのような姿をしているのでしょう?

出会うには、ユニコーンを見るくらいの幸運が必要?

「幻の虹」の名前は、「ムーンボウ」。
夜空に白く浮かび上がったその姿は、とても美しく神秘的です。

「幻の虹」の名前は、「ムーンボウ」。「幻の虹」の名前は、「ムーンボウ」。

ハワイでは、先祖たちがムーンボウを渡って幸運や祝福を運んでくると伝えられてきたそうです。

ハワイでは、先祖たちがムーンボウを渡って幸運や祝福を運んでくると伝えられてきたそうです。ハワイでは、先祖たちがムーンボウを渡って幸運や祝福を運んでくると伝えられてきたそうです。

しかしその虹は、現地でも実際に見たことがある人は少ないとのこと。

しかし話によるとその虹は、実際に見たことがある人は現地でも少ないとのこと。しかし話によるとその虹は、実際に見たことがある人は現地でも少ないとのこと。

人によっては「ユニコーンを見るくらいの幸運がないと出会えない」という人も。それにしても一体なぜ、ムーンボウを目にしたという人はこんなにも少ないのでしょうか?

ムーンボウを見るチャンスは?

その理由は、ムーンボウが現れるための“いくつかの条件”に関係していました。
まず第一に、月の光が強い満月の前後数日間だけであるということ。

第一に、月の光が強い満月の前後数日間だけであるということ。第一に、月の光が強い満月の前後数日間だけであるということ。

そのうえ雨か霧のある状態で、月が出た後もしくは沈む前の2~3時間でしかムーンボウを見ることはできないそうです。

雨か霧のある状態で、月が出た後雨か霧のある状態で、月が出た後

 

沈む前の2~3時間でしかムーンボウを見ることはできないそうです。沈む前の2~3時間でしかムーンボウを見ることはできないそうです。

さまざまな条件が揃っていないと見ることができないムーンボウ…偶然見ることができたなら、ものすごい幸運かもしれません!

偶然じゃない方法で見ることもできる⁉

偶然見つけるには難しいムーンボウですが、なんと事前に予測をして見ることが可能です。それには、ハワイ島にかかる雲の高さと厚さを予想する天気予報を使います。

雲の高さと厚さを予想する天気予報雲の高さと厚さを予想する天気予報

天気予報で雲の高さを調べたら、同じくらいの高さの山に向かいます。
その場所で雨雲の切れ間からムーンボウを探すと、見つかる確率が高いそう。

現地の人ですら滅多にお目にかかることができない幻の虹「ムーンボウ」。
2018年のキラウェア火山の噴火が止まり、火山の煙が流れて来なくなった今だからこそ、ムーンボウはきれいに見えるとか。
神秘的なその姿を見て、言い伝えのようにぜひ幸運を手に入れたいですね!

世界のあらゆるふしぎを解き明かす!
世界ふしぎ発見!
(TBS系列:土曜よる9:00~)

 

次回(6/8)の放送

 

PICK UP