『なるほど!ザ・ワールド』の元リポーターがカレー屋に。激戦区で大繁盛

TBS Topics


飲食店激戦区の鎌倉で、大繁盛のカレー店を作り上げた『なるほど!ザ・ワールド』の元リポーターがいます。その裏には、リポーター時代に培った「ある作戦」がありました!

リポーター時代のような“体当たり作戦”と“地道な努力”がカギ

そのリポーターとは、迫文代(さこ ふみよ)さん。
体当たり取材と明るいキャラクターで人気だった迫さんですが、現在は鎌倉でカレー店「コペペ」を営んでいます。

迫文代(さこ ふみよ)さんがオープンした鎌倉のカレー屋迫文代(さこ ふみよ)さんがオープンした鎌倉のカレー屋

しかし鎌倉は、連日観光客でにぎわい、600以上の飲食店がある激戦区。

そこで迫さんは、リポーター時代を思い出して「ある作戦」を決行します。それは、“街頭インタビューで鍛えた話術を生かし、観光客が多い場所でお店のビラを配る”こと!

観光客が多い場所でお店のビラを配る観光客が多い場所でお店のビラを配る

その際、お客さんの来店予約をしてくれる事もあるそう。

開店から10年間、たった1人で毎朝1時間以上ビラ配りを続けたことが功を奏し、「コペペ」は大繁盛するお店に!

開店から10年間、たった1人で毎朝1時間以上ビラ配りを続けたことが功を奏し、「コペペ」は大繁盛するほどのお店に!開店から10年間、たった1人で毎朝1時間以上ビラ配りを続けたことが功を奏し、「コペペ」は大繁盛するほどのお店に!

 

カレー店を始めたきっかけは“グルメリポート”

迫さんがカレー店を始めたきっかけは、グルメリポートで訪れた1軒のカレー屋さん。過去に取材した数千軒もの飲食店の中でも「すごくピピっとくる」お店だったといいます。

迫さんがカレー屋さんを始めたきっかけは、グルメリポートで訪れた1軒のカレー屋さん迫さんがカレー屋さんを始めたきっかけは、グルメリポートで訪れた1軒のカレー屋さん

なんと迫さんは、銀座にあるそのカレー屋さんでアルバイトをし、秘伝のレシピを譲り受けることに成功。2009年に、自らのカレー店「コペペ」をオープンさせました。

お店は自宅を改装!カレーにもこだわりが

自宅の2階を改装してお店にしたため、開業資金はわずか100万円。

自宅の2階を改装してお店に自宅の2階を改装してお店に

もともとのモダンな内装を生かし、リポーター時代に世界各地を回って集めた民芸品などを並べた素敵なお店です。

リポーター時代に世界各地を回って集めた民芸品リポーター時代に世界各地を回って集めた民芸品

お店の一番人気メニューは「焼きチーズカレー」。
豚骨・鶏ガラ・香味野菜などを6時間煮込んだスープと秘伝のスパイスを合わせて作る特製ルーにチーズをたっぷりのせ、バーナーでこんがり焼き目を付けてお客さんへ提供します。

お店の一番人気メニュー「焼きチーズカレー」お店の一番人気メニュー「焼きチーズカレー」

付け合わせのサラダには、迫さんが自分で市場から仕入れている新鮮な鎌倉野菜を使用しています。

付け合わせのサラダには新鮮な鎌倉野菜を使用付け合わせのサラダには新鮮な鎌倉野菜を使用

迫さんが自身のカレー店を繁盛させた作戦には、リポーター時代の経験がしっかり生きていました!

あの有名人の知られざる一面を徹底追跡
爆報!THEフライデー
(TBS系列:金曜よる7時~)