古民家がいま大ブーム!「家電いらずで快適な暮らし」の理由とは?

TBS Topics


「古民家」とは、“築50年以上の木造建築”の家のこと。
近年、古民家が大ブームで、古民家への移住希望者はここ10年で約10倍にも増えています。専門誌も次々と刊行されるなど、注目度も急上昇中!でも、「興味はあるけど実際には住みづらいのでは?」と思う方もいらっしゃるはず。
今回は、そんな古民家に秘められた、数々の「昔の人の知恵」や「驚きのメリット」についてご紹介します。

夏も冬もエアコンがいらない!?

まずは、古民家の「縁側」と「ひさし」がもたらすメリット。
「縁側」は、くつろいで過ごせる素敵な場所でもありますが、それだけではありません。縁側の上につけられた「ひさし」とセットになって、エアコンの役割を果たしています。

「ひさし」の長さや角度は太陽の位置を計算して決められています。
例えば、太陽の位置が高くなる夏は、直射日光が遮られて部屋の中が涼しく保たれます。

太陽の位置が高くなる夏は、直射日光が遮られて部屋の中が涼しく保たれる太陽の位置が高くなる夏は、直射日光が遮られて部屋の中が涼しく保たれる

反対に、太陽の位置が低い冬には、日光が差し込むように設計されているため、屋内はあたたかくなります。

太陽の位置が低い冬には、日光が差し込むように設計されているため、屋内はあたたかく太陽の位置が低い冬には、日光が差し込むように設計されているため、屋内はあたたかく

縁側とひさしが室温調整をしてくれるおかげで、古民家に住んでいる人の中には「1年中エアコンいらず」という人も。

古民家は「湿度」も自動調節!?

黒みを帯びた古民家の柱によく映える、真っ白な漆喰の壁。

黒みを帯びた古民家の柱によく映える、真っ白な漆喰の壁黒みを帯びた古民家の柱によく映える、真っ白な漆喰の壁

「漆喰」という素材でできた壁は見た目が美しいだけでなく、すごい機能を備えています。
それは、「部屋の湿度管理をしてくれる」ということ。

「部屋の湿度管理をしてくれる」漆喰の壁「部屋の湿度管理をしてくれる」漆喰の壁

漆喰の壁は「呼吸する」ともいわれるように、湿度に応じて空気中の水分コントロールが可能。
湿気の多い夏には漆喰が水分を吸収して部屋の湿度を下げ、乾燥する冬には漆喰が溜め込んだ水分を放出して、部屋を加湿します。

漆喰の壁のお部屋であれば、加湿器も除湿器も使わなくて大丈夫そうですね!

憧れの「囲炉裏」には意外な効果が!

古民家にある設備の中で憧れる人も多い「囲炉裏(いろり)」。

憧れる人も多い「囲炉裏(いろり)」憧れる人も多い「囲炉裏(いろり)」

普段は暖をとったり調理に使ったりする場所ですが、夏場になると違った役立ち方をしてくれます。それは「虫よけ」の効果!
囲炉裏で火を焚くときに出る煙の「すす」を嫌って、虫が来にくくなります。

夏場は「虫よけ」の効果を発揮する囲炉裏夏場は「虫よけ」の効果を発揮する囲炉裏

エアコンや除湿・加湿器、虫よけ対策まで不要とは、古民家の持つ力に驚かされます。昔の人の知恵がたくさん詰まった古民家でのスローライフ、ぜひ体験してみたくなりました!

ちょっと気になる“差”を徹底調査
この差って何ですか?
(TBS系列火曜よる7時~)