【ビール・日本酒・ワイン】注ぎ方が違うのは、ちゃんとした理由があった!

TBS Topics


ビールは“なみなみ”、日本酒は“こぼす”、ワインは“ちょっとだけ”。なんとなく当たり前になっていますが、種類によってそれぞれ注ぎ方が違いますね。

でもそこには、ちゃんとした理由や歴史的な背景が隠されていました!

ビールが“なみなみ”なのは、当時に横行した事件のせい!

ビールをグラスに対してなみなみに注ぐのは、1698年のイギリスで成立した“ある法律”が関係しています。

当時のイギリスでは、ビールを販売するときに、店員さんが“わざとビールの泡を多く入れて、不正に儲ける”という事件が横行。

当時のイギリスでは、ビールを販売するときに、店員さんが“わざとビールの泡を多く入れて、不正に儲ける”という事件が横行。当時のイギリスでは、ビールを販売するときに、店員さんが“わざとビールの泡を多く入れて、不正に儲ける”という事件が横行。

そこで、「ビールを販売するときには、グラスに書かれている規定のメモリより上に液体を入れなければいけない」という法律が定められました。

グラスの上の方にあるメモリグラスの上の方にあるメモリ

メモリはグラスの上の方にあるため、ビールは自然となみなみに注がれるようになりました。

日本にビールが伝わったのは、江戸時代後期。
ビールだけでなく「グラスに対してなみなみに注ぐ」というイギリスの習慣も一緒に伝わり、現在も変わらない注ぎ方がされています。

日本にビールが伝わったのは、江戸時代後期。 ビールだけでなく「グラスに対してなみなみに注ぐ」というイギリスの習慣も一緒に伝わり、現在も変わらない注ぎ方がされています。日本にビールが伝わったのは、江戸時代後期。 ビールだけでなく「グラスに対してなみなみに注ぐ」というイギリスの習慣も一緒に伝わり、現在も変わらない注ぎ方がされています。

 

日本酒を“こぼす”ようになったのは、お客さんがきっかけ?

日本酒をグラスからこぼして注ぐようになったのは、昭和初期頃まで遡ります。

当時、まだ日本酒は庶民にとって高価な飲み物でした。
居酒屋の店主から日本酒をなみなみと注いでもらう際、“日本酒がこぼれないように”と、あるお客さんがお店にあった「升」を受け皿にして使ったのが最初です。

「枡」を受け皿にしてそそがれる日本酒「枡」を受け皿にしてそそがれる日本酒

以後、そのお店では「升を受け皿にして、日本酒をなみなみと注ぐ」ようになりました。このサービスは評判となり、他のお店でもマネをするように。

この頃はまだ、グラスからこぼれるほど注がれてはいませんでしたが、やがて「他のお店よりもサービスしよう」という想いから、グラスから升へ日本酒をこぼすほど注ぐお店が現れます。

グラスから枡へこぼして日本酒をつぐというサービス精神グラスから枡へこぼして日本酒をつぐというサービス精神

その結果、「升を受け皿にしてなみなみ注ぐ」という注ぎ方から、今度は「日本酒を升にこぼす注ぎ方」が評判になりました。

そしていつしか「日本酒をどれだけこぼすか」が、店主の心意気を表すバロメーターのようなものになっていったそうです。
それが現在は、日本酒の注ぎ方として定着したとのこと。

ワインは“ちょっとだけ”なのは、〇〇を楽しむため!

ワインはビールや日本酒と異なり、「ちょっとだけ」注ぐのがスタンダード。

「ちょっとだけ」注ぐのがスタンダードなワイン「ちょっとだけ」注ぐのがスタンダードなワイン

その理由は、ワインが「香りを楽しむ飲み物」であるため。
少量を注ぐことで、グラスの空間にたまったワインの香りを楽しむことができます。

空間にたまったワインの香りを楽しむ空間にたまったワインの香りを楽しむ

仮にビールのようになみなみと注いでしまうと、香りがグラスの外に逃げてしまい、十分にワインを楽しむことができません。

仮にビールのようになみなみと注いでしまうと、香りがグラスの外に逃げてしまい、十分にワインを楽しむことができません。仮にビールのようになみなみと注いでしまうと、香りがグラスの外に逃げてしまい、十分にワインを楽しむことができません。

お酒の注ぎ方の違いや、そうなった理由についてご紹介しました。
もしも「升」ではなく別のものを日本酒の受け皿として使っていたら、今の日本酒の注ぎ方ではなかったかも…。そう考えると何だか面白いですね!

ちょっと気になる“差”を徹底調査
この差って何ですか?
(TBS系列火曜よる7時~)