【アスパラガスの謎】野菜売り場にはグリーン、缶詰にはホワイトばかりなのは何故?

TBS Topics


サラダなどでもたびたび目にするアスパラガス。グリーンとホワイトの2種類がありますね。実はこれらはもともと同じ品種で、違うのは「育て方」だけ。ホワイトアスパラガスは日光に当てるとグリーンアスパラガスになります。

ですが日本では、野菜売り場にあるのは『グリーンアスパラガス』ばかりで、『ホワイトアスパラガス』は缶詰のものが殆どです。一体なぜ、このような差があるのか調べてみました!

最初に日本で作られたのはグリーン…ではない⁉

もともと海外ではホワイトアスパラガスの方が美味しいと人気で、日持ちする“缶詰”が主流でした。

その様子を目の当たりにした北海道の有力者が、“日本でホワイトアスパラガスを作り、缶詰にして海外に輸出する”ことを思いつきます。

当時、海外ではホワイトアスパラガスの方が美味しいと人気で、さらに日持ちがする“缶詰”が主流でした。  その様子を目の当たりにした岩内町の有力者が、“日本でホワイトアスパラガスを作り、缶詰にして海外に輸出する”ことを思いつきます。当時、海外ではホワイトアスパラガスの方が美味しいと人気で、さらに日持ちがする“缶詰”が主流でした。 その様子を目の当たりにした岩内町の有力者が、“日本でホワイトアスパラガスを作り、缶詰にして海外に輸出する”ことを思いつきます。

その後の1924年(大正13年)、北海道の岩内町で実際にそれを開始。

海外に輸出する缶詰を作るためにホワイトアスパラガスを栽培海外に輸出する缶詰を作るためにホワイトアスパラガスを栽培

町で栽培したホワイトアスパラガスの缶詰は、品質の良さから欧米などでたちまち大人気に。

しかし1970年代になると、中国や台湾などで大量生産されたホワイトアスパラガスの缶詰が海外で安く流通するようになり、売れなくなってしまいました。

グリーンが生まれたのは“あるブーム”が関係

1970年代は、海外からレタス・トマト・ブロッコリーなどの野菜が入ってきて、日本の食文化に変化が起きた時期でもありました。その結果、栄養価の高い「緑黄色野菜」がブームに。

それを受けてファミレスが次々とオープンし、サラダバーが登場したことにより、日本で「サラダを食べる」という文化が一気に定着しました。

日本で「サラダを食べる」という文化が定着日本で「サラダを食べる」という文化が定着

このブームに、岩内町のアスパラ農家は着目。

日光に当てれば、ホワイトアスパラガスも“緑黄色野菜であるグリーンアスパラガス”に育つため、日本国内で売るためにグリーンアスパラガスの栽培を始めます。

緑黄色野菜にするため栽培されたグリーンアスパラガス緑黄色野菜にするため栽培されたグリーンアスパラガス

その狙い通り、グリーンアスパラガスは大ヒット!やがて日本国内に広まり、今では食卓に並ぶようになりました。

元々は海外向けのホワイトアスパラガス、国内向けのグリーンアスパラガス元々は海外向けのホワイトアスパラガス、国内向けのグリーンアスパラガス

ホワイトアスパラガスは元々海外向けに作られていたもの。対してグリーンアスパラガスは国内向けに作られたもの。
この違いから「ホワイトアスパラガスは缶詰」で、「グリーンアスパラガスは生」で売られていました。

グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスにまつわる“差”についてご紹介しました。
色も食感も違いますが、“作られた目的”まで違うとは意外でした。野菜好きな方が身近にいたら記事をシェアしてみてくださいね♪

ちょっと気になる“差”を徹底調査
この差って何ですか?
(TBS系列火曜よる7時~)