日本では考えられない驚きルールだらけ、謎の国「ニウエ」

TBS Topics


2015年に日本が承認した最新国家をご存知ですか?
それは、人口約1500人の常夏の島「ニウエ」。 

南太平洋に浮かぶ小さな島である「ニウエ」の周囲はおよそ60キロ。車を使えば1時間ほどで回れてしまいます。

そんな「ニウエ」には、日本では考えられない独自の驚きルールが満載!知られざるニウエの魅力をご紹介します。

自由すぎ!ニワトリ捕り放題

ニウエには野生のニワトリがたくさん歩いています!

野生のニワトリ野生のニワトリ

なんとこのニワトリたち、自由に捕まえて良いうえ、そのまま食用にしてもOK。ニワトリを捕り放題なんて、自由すぎます!

刑務所に入っても…出られる!?

小さな島であるニウエにも、刑務所はあります。

刑務所に入っていても昼間は仕事に行くことができる刑務所に入っていても昼間は仕事に行くことができる

その周りには塀がないのですが、
警察官の方曰く、「逃げるところがないから、塀は必要ない」とのこと。

そもそも凶悪な犯罪はほとんどなく、めったに使われることはないそう。
しかし、ここでも独自の驚きルールが…。

そもそも凶悪な犯罪はほとんどなく、めったに使われることはないそう。 しかし、ここでも独自の驚きルールが…。そもそも凶悪な犯罪はほとんどなく、めったに使われることはないそう。 しかし、ここでも独自の驚きルールが…。

なんと、刑務所に入っていても昼間は仕事に行くことができるのです!
人口約1500人のニウエでは労働力が常に足りないそうで、必要に応じて出勤することが許されているのだとか。

出勤の時間になれば、刑務所に入っていても外出OKだなんて、日本では信じられませんね。

子どもの成長の認め方もニウエならでは

ニウエでは男の子は髪を伸ばし続けます。そして5歳を過ぎると親族一同が集まり、断髪式を行います。

ニウエでは男の子は髪を伸ばし続け、5歳を過ぎると親戚一同が集まり、断髪式を行います。ニウエでは男の子は髪を伸ばし続け、5歳を過ぎると親戚一同が集まり、断髪式を行います。

髪を切って初めて、一人前の“男性”として認められるそうです。

刑務所に入っていても昼間は仕事に行くことができる刑務所に入っていても昼間は仕事に行くことができる

また、ニウエには、他にも“大人として認められる証”があります。
それは、車の運転!

バスなどの公共交通機関がなく、車の移動が基本のニウエでは、14歳になると運転が法的に認められます。

14歳になると車の運転が法的に認めらるニウエ14歳になると車の運転が法的に認めらるニウエ

免許の取り方もユニークです。
島に教習所はなく、免許を持っている親が運転技術を教えるんだとか!そのうえで警察官立ち合いの試験をパスすれば、免許証をゲットできるそうです。

まだ日本ではほとんど知られていない島国ですが、美しい海や自然が魅力的なニウエ。日本からはおよそ8000キロのところにあり、直行便はないため、ニュージーランドのオークランドから定期便で向かいます。機会があれば、ぜひ一度訪れてみたいですね!

世界のあらゆるふしぎを解き明かす!
世界ふしぎ発見!
(TBS系列:土曜よる9:00~)

 

【次回(5/4)の放送】