油分控えめでカラッとジューシーな唐揚げの秘訣は「スポーツ飲料」

TBS Topics


食卓の定番ともいえる、人気メニューの唐揚げをカラッとジューシーに仕上げる方法をご紹介します。ちょっと意外なひと手間をかけるだけで、美味しく仕上がり、油の量も減らせるので必見です。

スポーツ飲料で唐揚げをジューシーに!

お肉をもみ込む際に、スポーツ飲料を使います。用意するのは、お肉500gに対してスポーツ飲料大さじ1、しょう油大さじ1です。

唐揚げの材料はお肉500g、スポーツ飲料大さじ1、しょう油大さじ1唐揚げの材料はお肉500g、スポーツ飲料大さじ1、しょう油大さじ1

お肉を美味しく仕上げるためには、水に浸して水分を吸収させるという調理方法がありますが、水よりもスポーツ飲料を使う方が効果的です。スポーツ飲料に含まれる塩はたんぱく質の保水に、砂糖はコラーゲンの保水に役立ちます。

水分がなくなるまで揉み込んで肉の中に吸収水分がなくなるまで揉み込んで肉の中に吸収

 

カラッとジューシーに揚げるには低温×二度揚げ!

そして、揚げるときにもひと工夫!
唐揚げは、油が低温の状態からお肉を入れ、ゆっくり弱火で揚げましょう。

油が低温の状態からお肉を入れ、ゆっくり弱火で揚げるのがコツ油が低温の状態からお肉を入れ、ゆっくり弱火で揚げるのがコツ

こうすることで、確実に芯まで熱を入れられるので唐揚げが美味しくなります。そして、揚がったら一旦取り出し、休ませた後に高温で揚げます。
揚げ物の油には、高温でも酸化しにくくカラッと揚げられる米油やオリーブオイルがおすすめです。

揚がったら一旦取り出し、もう一度高温で揚げる揚がったら一旦取り出し、もう一度高温で揚げる

油は温度の高い方に逃げる性質があるため、1回目より高い温度でもう一度揚げると、余分な油が高温の方に溶け出してカラッとした仕上がりに!美味しくなるうえ、油分も控えることができて一石二鳥です。

唐揚げを美味しく調理する方法についてご紹介しました。ちょっとした工夫で、カラッと揚がってとってもジューシーな唐揚げに仕上がります。ぜひ試してみてくださいね!

今すぐ使える健康情報が満載!
名医のTHE太鼓判!
(TBS系列:月曜よる7時~)

 


「唐揚げ」関連の記事

▪️食感の変化がクセになる!つゆだく唐揚げ「ぶっかけ丼」
▪️〇〇を入れるだけで超サックサク!お店レベルのからあげを作れる裏ワザ

 

PICK UP