第1話に高梨臨、中村芝翫、宮野真守のゲスト出演が決定!1月16日スタート日曜劇場『DCU』

TBS Topics


TBSで1月16日(日)よる9時からスタートする日曜劇場『DCU』(※初回は25分拡大)。水中の捜査に特化した架空の組織「DCU(Deep Crime Unit)」を舞台にしたオリジナルドラマで、水にまつわる事件・事故とそこに隠された謎に迫るウォーターミステリーだ。「DCU」は、Deep Crime Unit(潜水特殊捜査隊)の略称で、海上保安庁に新設された水中事件や事故の捜査を行うスペシャリスト集団。彼らの使命は、従来の海上水域だけでなく警察の捜査では困難な「危険極まりない日本全国の河川や湖」など、あらゆる水中に潜り隠された証拠を探し事件を解決すること。“水中未解決事件を解明すること”が彼らのミッションだ。四方を海に囲まれ河川や湖、人工の水場も多い日本では遺体を水中に投棄・隠ぺいするなどの事件が数多く発生しているが、地上の事件に比べ解決率は低い。それは解決には多くの危険や困難を伴うからだという。もし水中事件や水難事故に特化した世界レベルの精鋭スキューバダイバー捜査官が存在したら? そうなれば、水中事件捜査の進捗と国内の治安を飛躍的に向上させ、日本の将来に明るい光を灯す強力な組織になるだろう。

このたび第1話のゲストとして、中村芝翫高梨臨宮野真守という実力派俳優3名の出演が決定した。
中村芝翫が演じるのは京国建設社長・小山内正一(おさない・しょういち)。ダム事業を担当した小山内は、5年前に横領の末国外逃亡した前社長の後任として社長の座に就いた。その横領に関して黒い噂が飛び交う小山内に新名は真っ向から聞き込みをする。しかし小山内には鉄壁のアリバイがあった。それでも小山内への疑惑は深まるばかりで・・・。
歌舞伎役者として、そして俳優としても数多くの作品に出演している芝翫。TBSの連続ドラマ出演は、2019年に放送された日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』で若くして就任した商事会社の3代目社長を熱演して以来3年振りとなる。また昨年はNHK大河ドラマ『青天を衝け』に出演し話題を集め、実力派として存在感を発揮している。
本作の主演・阿部とは、2000年に放送されたスペシャルドラマ『蒼天の夢 松陰と晋作・新世紀への挑戦』(NHK)以来、なんと22年振りの共演となる。阿部と芝翫の演技対決も見どころのひとつとなる第1話。どのようなシーンに仕上がっているのか、ご期待いただきたい。

高梨臨が演じるのは、第1話の事件現場となったダム湖を建設した京国建設の会社社長秘書・若林朱里(わかばやし・あかり)。捜査でやってきた新名(阿部寛)を前に淡々と業務をこなすが、その一方でどこか陰のある様子が窺える朱里。秘書という立場でありながら、ダム湖で起きた事件と朱里がどう関わってくるのか・・・。
数多くの映画やドラマなどで活躍する高梨だが、意外にも日曜劇場への出演は今回が初となる。また、TBSのドラマ出演は2019年に放送された『初めて恋をした日に読む話』以来、実に3年振り。さらに、劇中で対峙する阿部寛とは初共演となる。コメディからシリアスな作品まで、その幅広い演技力に定評がある高梨が、初出演となる日曜劇場でどんな演技を披露してくれるのか注目だ。

そして、宮野真守は、2020年に放送された『半沢直樹』に続いての日曜劇場出演。『半沢直樹』では、金融庁に勤める古谷役で第6話と第8話にゲスト出演したが、その体当たりの演技にSNSが大きく盛り上がったことでも記憶に新しい。声優として絶大な人気を誇り、これまで数多くの作品に出演している宮野だが、昨年には「WEIBO Account Festival in Tokyo 2020」で最優秀声優賞を受賞。さらにミュージシャンとしても、男性声優ソロ初の武道館公演を成功させるなど、年々その勢いは加速している。
そんな宮野が今作で演じるのは、老舗釜飯屋の一人息子で京国建設の元社員・野田浩正(のだ・ひろまさ)。野田は会社の金を使い込んだことが発覚し、ロシア出張の際にそのまま失踪してしまう。現在も行方不明の野田が捜査線上に浮上し、新名は実家の釜飯屋・野田食堂を訪れその行方を追う。さらに、ダム建設に野田が関わっていることもわかるが、捜査を進めるうちに思いもよらない事実が判明する・・・。謎の多い野田を宮野がどのように演じるのか、第1話のストーリーと共に楽しみにしていて欲しい。

本作はTBSがケシェット・インターナショナル社およびファセット4メディア社と共同制作するオリジナルドラマである。TBSテレビとケシェット・インターナショナル社が2019年に締結した「ドラマを共同開発・制作」する契約に基づく作品の第1弾。
ケシェット・インターナショナル社は、世界的大ヒット作『ホームランド』で知られるイスラエルのテレビ局「Keshet12(ケシェット12)」をグループに持ち、ハリウッドでも活躍する世界との太いパイプを持つ総合メディア会社。代表作『ホームランド』は『24-TWENTY FOUR-』シリーズを手掛けて世界に名を馳せたスタッフが再集結して制作したドラマで、2012年のエミー賞・ゴールデングローブ賞を総なめにした大ヒット作。第8シーズンまで制作され、世界中に広くファンを抱えるサスペンスドラマである。ファセット4メディア社は、「DCU」のIPホルダーでありカナダを中心に世界市場に向けた革新的なテレビシリーズの開発、制作、配信を手掛ける制作会社。今回TBSと共同で開発・制作するドラマは、日本国内のみならず海外展開も視野においている。世界を見据えた新しい“潮流”にも注目だ!

■コメント

<中村芝翫>
久しぶりの日曜劇場の出演、大変嬉しく思いました。
前回の「ノーサイド・ゲーム」は陸の戦いでしたが、今回は水の中の戦い。さぞ撮影も大変だろうと思います。残念ながら私は水の中には入りませんでしたが、未知数の挑戦に参加させて頂き心躍る思いです。2022年は是非「DCU」でドラマ始めをして頂けますと幸いです。

<高梨 臨>
日曜劇場に出演するのは初めてで、テーマもストーリーも壮大で、参加ささていただける事が嬉しかったです。第一話のゲストということで、緊張感を持ちながら現場に挑みたいと思いました。
私の演じる朱里が、ストーリーの中でDCUの皆さんや、視聴者の皆さんにどう映ったら作品がよくなるのか、監督とコミュニケーションを取りながら1シーンごとに丁寧に撮っていただけたと思います。
壮大なスケールの中で、私たちの物語や想いが届いてくれたら嬉しいです。

<宮野真守>
まさかお声がけしていただけるなんて思っていなくて、驚きましたし、とても光栄です。作品概要を伺い、とてつもなく気合いの入った企画に、こちらも身が引き締まりました!今回宮野としても、新たなチャレンジをさせていただき、役者として、とてもいい経験になりました。どんな役どころになっているのか、ストーリーにどう絡んでいくのか…是非、オンエアを楽しみにお待ちください!

<プロデューサー・伊與田英徳>
第1話から個性豊かで実力のあるキャストの方々に集まっていただきました。
芝翫さんは、以前スペシャルドラマや『ノーサイド・ゲーム』でご一緒させていただきました。どんな役にもなりきって、同時にとんでもないオーラを出しながら演じられて、すごいなーと感心させられています。今回、阿部さんや横浜さんと、どのようにぶつかり合うのか、楽しみに見ていただきたいなと思います。
高梨さんとは、とても愛のあるお芝居をされる方だと思いました。今回は、陰のある秘書という難しい役どころです。具体的には話せませんが、グッとくるお芝居をしていただいております。ご期待いただきたと思います。
宮野さんとは『半沢直樹』にご出演いただき、ダイナミックな中に、繊細さを加味したお芝居をしていただき、またご一緒したいと思い、オファーさせていただきました。今回も、期待を超えるお芝居をしていただきました。皆さんに楽しみに放送をお待ちいただきたく思います。
 

■第1話あらすじ

2022年、海上保安庁に「潜水特殊捜査隊」、通称「DCU」が発足した。DCU設立の目的は、島国日本において海や河川で発生する事件の解決や、水際からやってくるテロなどからの防衛。いわば水際捜査に特化したエキスパート集団だ。隊長となったのは、50歳を迎えた新名正義(阿部寛)。メンバーには海保のエリート・西野斗真(高橋光臣)、女性初の潜水士となった成合隆子(中村アン)らがいた。そして過去に水難事件で新名に命を救われた瀬能陽生(横浜流星)の姿も。DCUは海上・水中だけではなく陸上の捜査権限も与えられることになったのだが、そのことが警察関係者との間に溝を生んでいた。
そんなDCUが発足と同時に捜査に向かったのは、群馬県のダム湖。数日前に上陸した大型台風によりダム湖内の水流が変わり、ある人物の頭骸骨の破片が発見されたのだ。警察には手が出せない水深100メートルというダム湖の水底を新名たちが潜水捜査すると、そこには思いもよらない景色が広がっていた。
容疑者として名前が挙がったのは、建設会社の社長で社長就任以前はダム事業を担当していた小山内正一(中村芝翫)、その秘書でどこか陰のある若林朱里(高梨臨)、会社の金を使い込んだことが発覚し、ロシア出張時に失踪して現在も行方不明の野田浩正(宮野真守)。ダム建設に関わっていた疑惑の3人、そして隠された事実とは・・・。

■番組概要
[番組名]
日曜劇場『DCU』

[放送日時]
1月16日(日)スタート 毎週日曜よる9:00~9:54
(初回は25分拡大 よる9:00~10:19)

[スタッフ]
■製作著作
TBS
■制作
TBSテレビ
■共同制作
ケシェット・インターナショナル
ファセット4メディア
■協力
海上保安庁
■プロデューサー
伊與田英徳
関川友理

[出演者]
新名 正義 … 阿部 寛
瀬能 陽生 … 横浜流星
成合 隆子 … 中村アン
清水 健治 … 山崎育三郎
神田 瑠璃 … 趣里
西野 斗真 … 高橋光臣
森田 七雄 … 岡崎体育
大友 裕也 … 有輝(土佐兄弟)
佐久間 雄二 … 佃 典彦
早川 守 … 春風亭昇太
黒江 真子 … 市川実日子

 

成合 淳 … 吉川晃司

 

小山内 正一 … 中村芝翫
若林 朱里 … 高梨 臨
野田 浩正 … 宮野真守

 

[番組公式Twitter]
@DCU_japan
[番組公式Instagram]
@dcu_japan

■制作会社紹介
〇ケシェット・インターナショナル
世界的なコンテンツ制作・配給会社大手であるケシェット・インターナショナル (KI) は、テルアビブのKI、ロンドンのケシェットプロダクションズ、ドイツのTresorとKeshet TresorFiction、そして米国のケシェットスタジオズの2つのオフィス (LAとNY) という7つの制作会社と配信ハブのネットワークを持ち、グリーンバードメディアの株式の過半数を保有する。KIは、イスラエルのケシェット12と共に、この企業ネットワーク内で開発・制作されたオリジナルコンテンツや、世界中のパートナーから厳選されたサードパーティからのIPを提供している。完成したコンテンツとフォーマットのKIのカタログは、ドラマ、コメディ、エンターテイメント、ゲームショー、フィクションを含み、番組の幅広い範囲をカバーする。イスラエルで最も成功したメディア企業であるケシェットメディアグループの傘下にある。

〇ファセット4メディア
ファセット4は2014年に業界のベテラン、ステファン・グリーンバーグ氏がクリエイティブ部門のアンナ・スー・グリーンバーグ氏と、ジェイミー・グリーンバーグ氏をビジネス開発責任者として設立した。チームは、世界中で視聴されているテレビ映画、ドラマシリーズ、ドキュメンタリーのために作られた50以上の番組を制作し、開発した長年の経験を持つ。グローバルにアピールするプロジェクトの制作、開発、パッケージングに焦点を当て、自国カナダの膨大な人材網を活用し、高品質なプログラミングを世界市場に届けることに取り組んでいる。