渡り鳥が人間にプレゼントを贈る⁉️1000年続く“カモの恩返し”とは

TBS Topics


ノルウェーの世界遺産「ヴェガ群島」の一つ、「ローナン島」。毎年ここに現れる“ある渡り鳥”は、人々にプレゼントを残していくそう。一体どういうことなのか、順を追って紐解いていきます。

渡り鳥の到来に合わせ、島に戻る人々

ローナン島には、毎年5月になると、渡り鳥の“ホンケワタガモ”がやってきます。

ホンケワタガモホンケワタガモ

現在は定住する人がいない島ですが、鳥たちの到来に合わせ、島に戻る人もいるそうです。

その理由は、ホンケワタガモの産卵にあります。
島の人々が用意した小屋の中で、母ガモたちは、およそ1か月間ほぼ何も食べずに卵を温め続けるとのこと。

島の人々が用意した小屋の中で卵を温める島の人々が用意した小屋の中で卵を温める

その際、母ガモは胸の毛をむしり、自身の下に敷いて卵を温めます。

自らの毛をむしって敷く自らの毛をむしって敷く

実はこの毛こそ、カモから人々へのプレゼント。世界最高級のダウンの原料になり、この羽毛で作られた布団は、なんと100万円以上の値が付くそうです。

人間とカモの、1000年続く助け合い

羽毛は、カモたちが去った小屋に残ったものなどを集めたもの。
保温性に優れ、弾力も抜群で、“羽毛の宝石”と呼ばれるダウンです。

最高級のダウンに最高級のダウンに

羽毛を集め、細かいゴミを丁寧に取り除いていくと、一つの巣で取れる羽毛はわずか17gほどしかないそう。

約1000年前のヴァイキングの時代には、黄金と同等の価値があるほどの貿易品だったといい、今も人々の貴重な収入源となっています。

羽毛布団は100万円もの値が付く羽毛布団は100万円もの値が付く

カモたちが到来するローナン島を含む「ヴェガ群島」は、自然と共生する文化が認められ、2004年 世界遺産に登録されました。

世界遺産となったノルウェーのヴェガ群島世界遺産となったノルウェーのヴェガ群島

北欧の小さな島々で、1000年続く人とカモの助け合い。温かく優しい物語が、これからも長く続いて欲しいですね。

世界遺産

日曜よる6:00~

PICK UP