今からでも間に合う!サスペンスラブストーリー『最愛』を分かりやすくおさらい

TBS Topics


TBSで放送中の金曜ドラマ『最愛』(毎週金曜よる10時~)。殺人事件の重要参考となった女性実業家・真田梨央(吉高由里子)と、彼女の初恋の相手で事件を追う刑事・宮崎大輝(松下洸平)、梨央を支える弁護士・加瀬賢一郎(井浦新)を中心に描かれるサスペンスラブストーリーだ。

第5話では梨央が重要参考人となった殺人事件と、15年前の事件に進展があり節目を迎えた。物語はまだ中盤だが、毎回事件に関する思いがけない真実が明かされ、見逃せない展開に。そして、梨央と大輝、加瀬による切ない三角関係も今後どうなるのか気になるところだ。そこで今回は、複雑に入り組んだ物語を分かりやすくおさらいしていく。

両想いだった梨央と大輝 

最愛最愛

15年前の2006年、岐阜県。東京の大学の薬学部に進学を希望する高校3年生の梨央は、白山大学陸上部男子寮の寮夫である父・朝宮達雄(光石研)に代わり、弟・優(柊木陽太)の面倒をよく見ていた。梨央は陸上部のエースである大輝に恋心を抱いていて、大輝も梨央に思いを寄せていた。だが、梨央に起こったあることのせいで、2人が付き合うことはなく、梨央が上京してからも会うことはなかった。

再会のきっかけは殺人事件

最愛最愛

きっかけは東京都内の芝池公園で渡辺昭(酒向芳)の遺体が発見されたことだった。昭は15年前に失踪した康介(朝井大智)の父親で、事件の前には康介の遺体も発見されていた。大輝ら警察の捜査で、昭は梨央が社長を務める真田ウェルネスに通っていたことが判明。さらに康介の遺留品から、大輝が梨央に15年前にあげたとみられるお守りが発見される。大輝は重要参考人として梨央を取り調べると、会社で昭と会ったことは認めたが、それ以前に会ったかは覚えていないし、お守りも知らないと話す。しかし、梨央は昭や康介と面識があった…。

康介の失踪事件に隠された秘密

最愛最愛

15年前、陸上部の寮に梨央と優以外はほとんど人がいない夜のこと。陸上部員・長嶋透(金井成大)の元を訪れた康介が、食堂で勉強している梨央の前に現れる。康介に絡まれた梨央は家に帰ろうとしたが、急に意識を失ってしまう。

気が付いたときには自分の部屋で寝ていた梨央。何が起きたか全く思い出せないが、腕のかすり傷や、達雄の思い詰めた様子、大輝からもらったお守りを探していたときに見つけた血痕から、大変なことが起きたと感じる。達雄に何も聞けないまま推薦入試のために東京へ向かうが、試験後に達雄が急死してしまう。

最愛最愛

その後、昭が訪ねてきて康介が行方不明になったことが分かる。さらに梨央は襲われそうになった記憶だけが蘇えり、あの夜のことを誰にも言えない日々を過ごしていた。大輝の告白にもこたえられず別れの挨拶もしないまま、達雄と離婚して東京で会社を経営する母親の真田梓(薬師丸ひろ子)の元へ旅立つ。

ある動画が原因で優が失踪

2007年、記憶障害を持つ優のために薬を開発することを目標に、大学生活を送っていた梨央。そんな中、行方不明の康介が薬物を使って性的暴行事件を起こしていたことが分かり、梨央は自分も被害者ではないかという思いにかられる。

最愛最愛

東京での生活も慣れてきた頃、帰省した梨央は優から「よくわからないけれど怖そうな動画があるから見てほしい」と頼まれる。梨央が確認すると、あの夜、康介に襲われそうになった梨央を優が助けようとして、テントのペグで康介を刺してしまう動画だった。梨央は事の真相を知り驚愕する。そして優が事件にかかわっていたことを知り、動画を削除。あの夜のことを覚えていない優を守るために東京へ呼び寄せる。

だが、5年後、優は復元した動画を見て事件の一部始終を知り、姉の梨央に迷惑がかかると考え、姿を消してしまう。

再会で揺れ動く梨央と大輝

優の病気を治すべく創薬事業に力を注ぐ梨央は、殺人事件の重要参考人になったことで、事業に影響が出ることを危惧。15年前に起きたことも知られたくなかったため、警戒して気丈に振舞っていた。だが、大輝と会ううちに、ときおり15年前の2人に戻る瞬間があり、事件当日に会ったことやお守りはなくしたことを徐々に話すように。ただ、大輝が踏み込んだ質問をすると梨央は「友達として話せたらいいのに」と言うのみだった。

最愛最愛

一方の大輝も、捜査開始当初からコンビを組む桑田(佐久間由衣)に「(勘が)鈍っている」とこぼすなど、冷静でいようと心掛けているものの、上手くいっていない様子。捜査が進むうちに別の容疑者が浮かび上がってきたこともあってか、梨央の「渡辺昭さん、殺しとらんよ」との言葉にも「お前やないってこと、俺が証明する」と話す場面もあり、距離が少しずつ縮まっていることがうかがえる。ただ、感情が高ぶった梨央が思わず抱き着いてきたとき、大輝は抱きしめ返すこともできず、こぶしを握り締めるだけで、刑事と重要参考人としての壁を2人が超えることはなかった。 

最愛最愛

梨央を支え続ける加瀬

最愛最愛

梨央の母親・梓が経営する真田グループの顧問弁護士を務める加瀬は、梨央が上京するときからずっと梨央を支え続けてきた存在。互いの食べ物の好き嫌いを知っていて、食べ物を交換するほど絆は深まっているが、大輝が現れてからは、勝手に大輝と会う梨央に振り回されるように。それでも梨央が暴漢に襲われそうなときには、いち早く異変に気付き、大輝よりも早く駆け付けて梨央を守った。

最愛最愛

梨央を狙う2人の存在

情報屋(高橋文哉)を使って梨央の身辺を調べていたのは、梨央と対立する真田ウェルネスの専務・後藤信介(及川光博)。梨央が殺人事件の重要参考人となり、周囲を騒がせるたびに梨央の責任を追及し、社長をやめさせようとする。

そんな後藤と何かと連絡を取り合っているのが、フリーライターの橘しおり(田中みな実)。15年前の事件と昭の事件の犯人を梨央だと疑い、記事にしようとしていた。その後、真田ウェルネスのペーパーカンパニーについて調べ始めると、拉致されてしまう。 

最愛最愛

2つの事件で明らかになった衝撃の事実

殺される数日前、昭が若い男性から500万円を受け取っていたことが分かる。若い男は後藤が雇っていた情報屋(高橋文哉)で、実は梨央の弟の優だった。後藤から梨央を守るためにあえて後藤に雇われていたのだ。大輝たちの捜査の手が伸びて逃げ切れないと悟った優は、梨央と大輝に、イヤホン型の小型カメラで撮影された昭と争った時の動画を見せる。その後、9年ぶりに優と再会した梨央だったが、昭を殺したのは自分だと告白され、衝撃を受ける。

最愛最愛

加瀬のサポートのもと岐阜に戻った梨央と優は、当時の達雄の思いを知りたくて達雄のパソコンを探し出す。その中には動画が入っていて、達雄が渡辺康介殺しを告白していたが、優は駆け付けた大輝たちに自分が康介と昭を殺したと話す。

最愛最愛

第6話、そして今後の見どころとは?

優の処遇を心配して怯える梨央のために、加瀬は警察に連行された優と面会。優から15年前の事件だけなく昭の殺害も自分がやったことだと告げられる。公園で昭と争った時の様子がイヤホン型カメラに記録されていると聞き出した加瀬は、その動画を解析することに。

梨央は優のことで後藤や兄・政信(奥野瑛太)から社長として責任を追及される。
大輝ら警察は優の証言による裏取をもとに現場周辺で聞き込みを進めるが…。

最愛最愛

中心となる2つの事件が物語中盤で一区切りついたかにみえるが、渡辺昭殺害の犯人が優ではない可能性もでてきており、まだまだ波乱の展開が待ち受けているはずだ。

新井順子プロデューサーは「今後も新展開につぐ新展開で、さまざな感情が入り混ざり、息つく間もなく物語が繰り広げられます!」とコメント。第6話の放送が待ちきれない!

■番組概要
〔タイトル〕

金曜ドラマ『最愛』
〔放送日時〕
毎週金曜よる10時~10時54分