“吊りのプロ集団"「秋山メカ」に迫る!

TBS Topics


TBSで毎週日曜よる6時30分から放送中の『週刊さんまとマツコ』。国民的お笑い芸人の明石家さんまと、日本を代表する“さんまファン"かつ“最強のお喋り相手"マツコ・デラックス。そんな2人が「今、話題の人・トピックス」についてしゃべり倒す!

明日11月7日(日)の放送では、伝説の罰ゲームを生み出した舞台装置・特殊装置の製作会社「秋山メカステージ」を徹底掘り下げ! スタジオには社長&入社36年目のベテラン社員が登場。川島明(麒麟)の進行で、バラエティ番組の罰ゲーム「逆バンジー」などを製作した“吊りのプロ集団"「秋山メカ」がこれまでに手掛けてきた超大作や、現在直面している経営危機について掘り下げていく!

先日、放送倫理・番組向上機構「BPO」が「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティー」を審議の対象とするという、バラエティ界を震撼させるニュースが発表された。「痛みを伴う笑い」と聞いて誰もが頭に思い浮かべるのは「罰ゲーム」だろう。今、業界内では数々の罰ゲーム装置を作ってきた会社「秋山メカ」が心配されている。「秋山メカ」は『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(NTV)でバラエティ初の「逆バンジー」を生み出したほ、『リンカーン』で「人間大砲」、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(CX)で「人間クレーンゲーム機」など、昭和から平成にかけて画期的な罰ゲーム装置を作りバラエティ番組を盛り上げてきた。さんまは『オレたちひょうきん族』(CX)で罰ゲーム装置を使用しており、実は当時初めて「逆バンジー」を体験したのがさんまだったのでは? という秘話が飛び出す!

「秋山メカ」は罰ゲーム装置だけでなく、「滝沢歌舞伎」の“腹筋太鼓"、北島三郎小林幸子が出演した『NHK紅白歌合戦』の豪華ステージセットの特殊装置の一部も手掛けてきた。美空ひばりの伝説の東京ドーム公演で登場した巨大クレーン式エスカレーターなども作っていたことが紹介され、さんま&マツコは大興奮! そんな大々的な装置を生み出してきた「秋山メカ」だが、実は現在、社員数6名、平均年齢63.1歳と味のあるベテランだらけ! その純朴なキャラクターにさんま・マツコも爆笑の連続!

数々の伝説を生み出してきた「秋山メカ」を大特集! 明日よる6時30分放送の『週刊さんまとマツコ』を要チェックだ。

番組概要

[タイトル]
『週刊さんまとマツコ』
[放送日時]
11月7日(日)よる6:30~7:00

[スタッフ]
製作著作 
TBS
チーフプロデューサー 
江藤俊久
プロデューサー 
井上 整
細谷知世

[出演者]
明石家さんま
マツコ・デラックス
進行 
川島 明(麒麟)

[公式サイト]https://www.tbs.co.jp/sanma-matsuko_tbs/
[公式 Twitter]@sanmatsuko_tbs