『にぶんのいち夫婦』比嘉愛未、竹財輝之助インタビュー!「いい意味で裏切っていけたら」

PlusParavi
『にぶんのいち夫婦』比嘉愛未、竹財輝之助インタビュー!「いい意味で裏切っていけたら」
『にぶんのいち夫婦』比嘉愛未、竹財輝之助インタビュー!「いい意味で裏切っていけたら」

2021年6月2日(水)深夜0:40よりテレビ東京ほかにて嘘と真実、純愛と裏切りが交錯するざわハララブストーリー『にぶんのいち夫婦』が放送される(動画配信サービス「Paravi」では毎週水曜日21:00より毎話独占先行配信中)。原作・夏川ゆきの、漫画・黒沢明世による同名作品をドラマ化した本作だが、このほど主演を務める比嘉愛未と、比嘉演じる文の夫・和真を演じる竹財輝之助にインタビュー。お互いの印象や、ドラマの見どころを聞いた。

――撮影現場の雰囲気

比嘉:すごく和やかで穏やかな現場です。序盤からチームワークが良く、何度も助けられました。スタッフさんも共演者の方々も、個性的ではあるのですが、それがぶつかり合うことがなく、不思議なバランスが保たれています。なので、作品自体は重いテーマではありますが、撮影以外の時間は癒されることが多かったですね。休憩時間にはお互いの恋愛観を話したりしています。

竹財:和気あいあいとしています。若い役者さんも積極的に話しかけてくれますし、風通しの良い現場なのではないでしょうか?僕が休憩中にどんな話をしているかというと・・・秘密です(笑)。

20210601_nibunnoiti_02.jpg

――お互いの印象

比嘉:爽やかな風が常に吹いている感じです。これまでも何度か共演させていただいていて感じているのは、とても安定している方だということですね。気張りすぎず、かといって手を抜いているわけではない。ご自分の心地良いあり方を知っていらっしゃるので、こちらも自然と肩の力が抜けます。

竹財:一緒にいて楽ですね。お芝居をしていても楽しいですし、比嘉さんこそ皆を和ませる風が吹いています。マイナスイオンも出ていますね。

比嘉:やったあ!嬉しいことを言っていただけたので、後で何かおごります(笑)。

20210601_nibunnoiti_03.jpg

――役を演じて

比嘉:撮影に入る前に原作を読ませていただいていたので、文ちゃんの気持ちにすぐに入り込めました。読んでいる時点で同調し、一緒に悲しんだり泣いたりしていて、早く撮影に入りたい気持ちがありました。心情的にはすり減ってボロボロになっているんですけれども、なかなかできない経験なので、そういった部分では演じることの楽しさを感じています。作品を通して自分の恋愛観や結婚観を見つめ直すことが多いので、毎日が刺激的です。

竹財:「しんどい」の一言ですね。現場で文ちゃんの顔を見ているのが、とても辛いです。比嘉さん、本当にいい表情するんですよ。でも、この顔をさせているのは俺なんだよな・・・と。竹財が和真を演じて、さらに和真も"いい旦那"を演じているので、けっこう大変ですね。芝居しながら芝居をしている感覚があります。ほんのちょっとした出来事で、関係って崩れてしまうんだよ、ということを伝えられる反面教師になれればと思います。

20210601_nibunnoiti_04.jpg

――演じる際のこだわり

比嘉:文ちゃんは心が常に動いていて、喜怒哀楽がはっきりしているので、そこを自分の心と体を使って表現するようにしています。こんなお芝居したことない!の連続で、おもしろい日々です。

竹財:現場で役として生きるのはもちろん、和真としてさらにもう一段階演技をしなければいけないので、その出し方や割合は意識して演じています。視聴者の方に、和真は何を考えているのか分からない、と言われたら勝ちですね。

――プライベートで友人や家族とすれ違いを起こさないために、心がけていること

比嘉:きちんと向き合って話し合いをするようにしています。自分が悪いときは素直に謝り、誠実に思いを伝えることを諦めないようにしています。そこを放棄してしまったら歩み寄れないと思うので、人と関わるときは常に誠実さを大事にしていますね。

竹財:嘘をつかないことです。1つ嘘をついてしまうと、それを隠すためにさらに嘘を重ねてしまうことになりますから。フラットに話せる状況と、お互いの些細な出来事を話す時間を作ることが大切なのではないでしょうか。忙しいことにかまけて、言葉を交わすことをおろそかにするのは、ただ怠けているだけだと思いますね。

20210601_nibunnoiti_05.jpg

――もしも自分の恋人が浮気していたら・・・?

比嘉:私は、相手に怪しいところがあっても追及しないです。恋人でも夫婦でも、一人の人間として踏み込んではいけない部分はあるので、相手の携帯も絶対に見ないです。もし相手が浮気をしているとしたら、それはよほどの覚悟があってのことだとも思うので「墓場まで持って行ってください!」という感じです(笑)。竹さん(竹財)はご結婚されていて、私はまだですし、男性と女性と言う立場なので、違う意見が出てきそうですね。

竹財:僕も追及したりはしないですね。そもそも、あんまり疑わないかも。バレたら終わりですし、バレるくらいならしないで欲しいって思います。ただ、僕はけっこう勘がよくて、違和感を察知する能力が高いので、多分バレると思いますが・・・(笑)。

20210601_nibunnoiti_06.jpg

――ドラマの見どころ

比嘉:竹さんの見どころは、バックハグです。女性の皆さん、キュンとすると思います。

竹財:文が想像でハジケているシーンがあるのですが、そのハジケっぷりがすごいので、ぜひ見ていただきたいです(笑)。

比嘉:お芝居をしてくうちに、自分でも歯止めが効かなくなっちゃって・・・。自分でも見返すのが怖いですね(笑)。視聴者の方々をいい意味で裏切っていけたら嬉しいです。

◆放送情報
ドラマParavi『にぶんのいち夫婦』
2021年6月2日(水)スタート 毎週水曜深夜0:40から放送
※第2話は6月16日(水)深夜0:40分から放送
動画配信サービス「Paravi」では2021年5月26日(水)21:00より毎話独占先行配信中
※第2話は6月9日(水)21:00から配信

(C)テレビ東京
(C)「にぶんのいち夫婦」製作委員会

比嘉:Hair&Make=奥原清一(suzukioffice) Styling=後藤仁子
竹財:Hair&Make=万希(ENISHI) Styling=大石裕介

PICK UP