【ネタバレ】『おじさまと猫』おじさまのライバル?ファン?日比野の葛藤

PlusParavi
【ネタバレ】『おじさまと猫』おじさまのライバル?ファン?日比野の葛藤
【ネタバレ】『おじさまと猫』おじさまのライバル?ファン?日比野の葛藤

おじさまと猫の心温まる日々を描いた桜井海のコミックを原作とした、草刈正雄主演のドラマ『おじさまと猫』第7話が2月17日に放送された。今回は、オープニングに出ているものの、第6話でようやく登場したピアニスト・日比野奏(平山浩行)目線からの物語である。

日比野はずいぶん苛立った様子でピアノを弾いていた。
「あの日から全く集中できない!」――あの日とは、前回、冬樹(草刈)が音楽教室の同僚・森山(小関裕太)に誘われて行った、日比野のコンサートの日のことだ。

冬樹にとっては、妻を亡くしてステージに立てなくなって以来、初めて足を運ぶピアノのコンサート。しかし、客席で過呼吸のような状態になり、途中退席してしまったのだった。

しかし、日比野は途中退席する冬樹の姿を目にして、全く違う解釈をしていた。

「俺のピアノは最後まで聴く価値がないとでもいうのか! ふざけるなー!!」

日比野はずっと冬樹に対して勝手にライバル心とコンプレックスを抱いてきたのだった。日比野が苛立ち荒れる中、やってきたのは、日比野の母(朝加真由美)。どこかで見たと思ったら、前回「引っ越し先で飼えなくなったから」とペットショップに無理やり自分の猫を押し付けようとしていた女性である。

ペットショップで断られた日比野の母は、猫を押しつけるために、息子・奏の家だったわけだ。そんな母の身勝手な様子と、子どもの頃、ピアノのコンサートに来てくれる約束を「新しい彼氏との約束があるから」と簡単に破った母の姿が重なる。

「ふざけるな! 生き物はオモチャじゃない!!」

怒りを爆発させ苛立ちを抱えながら日比野がやってきたのは、あのペットショップ。とりあえず数日間預かる分のエサなどを買うつもりだったが、店員・佐藤(武田玲奈)に笑顔で勧められるままに、大量買いしそうになる。と、突然、荷物が崩れ、床に倒れ込む日々野。恥ずかしさとここ最近上手くいかなことへの苛立ちで「俺だってずっと頑張ってきたんだ!」と憤慨し、脳内に浮かぶのは冬樹の姿で「俺はお前が憎い・・・」とうなだれる。120%八つ当たりだ。

しかし、そんなとき、「大丈夫ですか?」と声をかけてきたのが、他でもない、冬樹だった。しかも、「認識されていないかも」とドキドキする日比野に、冬樹は「お久しぶりです。覚えていらっしゃらないかもしれませんが、私、神田冬樹です」と名乗り出てくれた。

プライドが保たれた日比野は一転、"ピアノ談義しよう"と思ったのだが、冬樹の口から出るのは猫の話ばかり。しかも、猫を飼ったことがないのに引き取ることにした日比野を「良い人ですね」と言い、自宅まで一緒に荷物を持って行ってくれることになり、日比野は幼いころからの憧れであり勝手にライバル視していた"あの神田冬樹に・・・!""夢じゃないよな"と感動してしまう。

凄まじい冬樹のフレンドリーさ・・・と思ったら、これが違っていた。実は冬樹もまた、ピアニストとして第一線で輝き続ける日比野に「今の自分を観られたくない」というコンプレックスを抱いていたのだ。ところが、ペットショップで日比野が床に倒れる様子を見て、身体が先に動いてしまったのである。

もしかして妻を失い、ステージ上で倒れたい自分の姿と重なって見えたのだろうか。

同じ出来事も、視点を変えると、全く違って見えるのはよくあること。互いの誤解を解消したあと、2人の進行を深めたのもふくまるだった。

しかも、そんな"ライバル"日比野が母に預けられた猫は、ふくまるとそっくり。この二匹と二人の関係ははたして・・・?

(文・田幸和歌子/イラスト・月野くみ)

【第8話(2月24日[水]放送)あらすじ】

神田(草刈正雄)は、ピアニストの日比野(平山浩行)が猫を飼い始めたばかりだと聞いて、日比野の家について行くことに。しかし、家に着くと、ケースの中にいるはずのマリン(声:松本穂香)がいなくなっていた。奥まった隙間に隠れていたマリンを見つけるが、その姿を見て神田は驚く。なんと自分の飼い猫のふくまる(声:神木隆之介)とそっくりなのだ!ふくまるとマリンは姉弟かもしれない、そう思った神田は、日比野とマリンを自宅に招待するが・・・。

◆番組情報
ドラマParavi『おじさまと猫』
毎週水曜深夜0:58からテレ東で放送中。
動画配信サービス「Paravi」では毎週水曜21時から独占先行配信中。