『半沢直樹』制作発表会見に堺雅人ら登壇!半沢VS歌舞伎チームの戦い!?

PlusParavi
『半沢直樹』制作発表会見に堺雅人ら登壇!半沢VS歌舞伎チームの戦い!?
『半沢直樹』制作発表会見に堺雅人ら登壇!半沢VS歌舞伎チームの戦い!?

2020年7月19日(日)21:00からTBS系で放送開始する堺雅人主演の日曜劇場『半沢直樹』。7月12日(日)に制作発表会見が行われ、主演の堺の他、上戸彩及川光博片岡愛之助今田美桜井川遥尾上松也市川猿之助北大路欣也香川照之が登壇し、今作の撮影の裏話などを語った。

本作は2013年放送の堺雅人主演ドラマの続編で、池井戸潤氏の半沢シリーズが原作。今回は『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』をドラマ化。前作の最後に出向を命じられた半沢(堺)が東京セントラル証券で新たなトラブルに対峙する姿が描かれる。

会見に登壇した出演者陣。堺は「芝居で怒鳴りすぎて変な声ですみません・・・」といつもより低い印象を受ける声であいさつし、「ようやく『半沢直樹』が帰ってまいりました。我々一足先に第1話を観させていただきましたが、すごいカロリーが詰まったドラマで1シーン1シーン大変だったんですけど、通して観るとすごい壮大がようやく始まった感じがします」としみじみ語った。そんな堺の言葉に半沢直樹の妻・花を演じる上戸も「面白かったです! いちファンとして早く多くの方に見ていただきたいなと思います」と共感し、"夫婦"の絆を見せた。

20200712_hanzawa_03.jpg

また、MCよりついにあと1週間で放送が始まることについて気持ちを聞かれると堺は「途中撮影の中断がありましたから、感慨も一入です。1作目と2作目の間を"中断"と考えたら2回中断があった形になるんですけど・・・先ほど、市川猿之助さんが『半沢直樹』を生き物に例えて『まだ脈はあるんだ、力強く心臓が動いてるんだ』と仰っていて、それを今日確信しました。みんなで作っているものなので、"生き物"としてやっと動き出したなと思ってホッとしました」と安心した様子だった。

一方、シーズン1での"土下座"が印象に残る大和田暁役の香川は「"半沢直樹"というキャラクター、シリーズ全てを背負える力強さと信念、真っ直ぐさがあるんだなと再認識しました。半沢としての堺雅人さんの立ち居振る舞いをまた観ることが出来てうれしかったですし、『半沢直樹』が戻ってくることができてホッとしつつ感謝しております。約3ヶ月、気を引き締めて最後まで良い結果が出せるようにやらなければならないと改めて思っています。引き続き『半沢直樹』を支えていただきますようよろしくお願い申し上げます」とあいさつ。

そして登壇者を一通り見て「集まりすぎると濃過ぎる」と香川が言うと、堺は「濃いと言えば、楽屋にうかがったら、歌舞伎の皆さんのチームがおしゃべりされていて、どこの地方巡業だ、というにぎやかさでした。本当におしゃべりが止まらない(笑)」と明かし、渡真利忍役の及川光博からも「試写みんなで観ているのにずっとしゃべってたもんね(笑)。副音声解説付きなの」とコメントが。香川は「止めなかったら猿之助さんずっとしゃべってると思うよ」と試写中の裏話が明かされた。

20200712_hanzawa_04.jpg

一方、今回から本作へ参戦する東京中央銀行証券営業部部長・伊佐山泰二役の市川猿之助は、1話から凄まじい存在感を発揮。そのことをMCから振られると猿之助は「でも中身は大したことない役者ですけどね・・・。半沢のチームの皆さんがいい包装でラッピングしてくれたから、よく見えているだけで、その力は本当にすごいと思います」とチーム力に驚いた様子。また、「現場では香川さんが保護者として付き添ってくださって、手取り足取り教えてもらいました。安心感がありました。チームで固まっているところに後から入るのは、すごく不安なんですが、できの悪い子を見守る保護者のように・・・」と香川への感謝を口にした。

そんな猿之助演じる伊佐山と激しい攻防を繰り広げることになる堺は「打ち込んでも打ち込んでも刀を吸い込むようなお芝居をされるんですよね。すごいです!観ていただければわかると思います。ファーストカットからすごいです」とその迫力を絶賛。香川も「燃えましたよね」と賛同し、前作はラストで香川演じる大和田が半沢に土下座をしていたことについて言及し「前回、僕は土下座を食らっている。うちのいとこまで土下座を食らうわけにはいかないわけです! 一族をかけた戦いなんですよ! 半沢直樹に対して」とこちらも迫力満点に熱弁。堺は「なんか重たいものと戦ってる気はしてた、確かに!」とその熱さを認識したようだ。

20200712_hanzawa_02.jpg

最後に堺は「アクリル板がある会見が初めてで、これが新しい生活様式なんだなと思いました」と新しい会見の形に驚きつつ、「現場の先生のご指導のもとガイドラインに従って安全に気をつけながらしっかりと撮影はしております。ですが、ぶつかる力を弱めるって言う選択肢は我々にはありません。本当に全力でぶつかっていって、そのぶつかる様を皆さんに見ていただけたらと思います。続編が決まってから『頑張ってね』とか『頑張れ』というお声をいただけるんですが、この時代になって"頑張れる"ということがすごく幸せなんだなと思っております」としみじみ。そして「お芝居やりたくてもやれない方たくさんいると思います。そんな中頑張れるってことがすごく幸せだなと心から思っております。その幸せを噛み締めながら、残りの撮影も頑張ります。7月19日(日)から始まりますので、どうぞよろしくお願いいたします」とアピールした。

日曜劇場『半沢直樹』は7月19日(日)21:00から放送開始(初回は25分拡大)。なお、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では2013年に放送された『半沢直樹』が配信中だ。

(C)TBS

PICK UP