【ネタバレ】『捨ててよ、安達さん。』20代の秘密が隠された給与明細

PlusParavi
【ネタバレ】『捨ててよ、安達さん。』20代の秘密が隠された給与明細
【ネタバレ】『捨ててよ、安達さん。』20代の秘密が隠された給与明細

安達祐実が本人役で主演、擬人化された"捨てられないモノ"と夢で対峙するドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京/毎週金曜深夜0:52~)の第10話が、6月19日に放送された。

予告の段階から、どこか不安げで薄暗い"悪夢"のような雰囲気だったが・・・。
冒頭で、マネージャーからテレビ東京の人気番組『ゴッドタン』への出演が決まったことが告げられる安達さん。「秘密を告白する」という内容に、「たいした話じゃなくて良い」「考えすぎなくて良い」とマネージャーには何度も釘を刺されるが、「ダメだよ。そんなヌルイ考えじゃ」「『ゴッドタン』だよ? みんな体張ってんだから!」とノリノリだ。

しかし、番組で語る「秘密」を考えながら寝た安達さんの夢に、「あるだろ!? あんたの最大の秘密が!」と登場したのは、シソンヌじろうである。

「あのことを知ってるのは、あんたと俺の二人だけだ」
「ただな、最近になって俺の周りで嗅ぎまわってるヤツがいてな」

当のご本人は「どちら様でしょうか」と、まるでピンときていないが、じろうは言う。

「聞いて驚くなよ? 俺は安達さんの給与明細だ」
「そっち(サンミュージック)じゃない」

そこでようやく思い出したのは、「20代の頃、アルバイトをしてた時期がある」こと。派遣で1か月ほどやったという"着ぐるみ"だ。そして安達さんは「あの頃、仕事がない時期が続いていて、もしかしたらこれがずっと続くのかと思うと怖くて」、芸能界しか知らない不安から、関係ないことに挑戦したのだと話す。

幼い頃から有名人で、顔も全く変わっていない安達さんが、周囲にバレず、週刊誌にも追いかけられず、バイトなんて実際にできたのだろうか。まあドラマだしなと思いつつ、気になってネットで調べてみたが、見当たらない。

謎の少女に「ネットで調べれば出てくるようなの、秘密って言わない」と言われていただけに、確かに本当なら衝撃の秘密だが・・・。

可愛いパンダの着ぐるみ姿の安達さん。しかし、その景色は全く楽しいものではなく、子どもたちに追い回され、着ぐるみを脱いでも母親たちは「パンダのお姉さん、困ってるから帰るよ」と子どもに注意するのみという不気味なものだった。

まるで誰も安達祐実を知らないパラレルワールドのようで、それが予告で感じた"悪夢"だったのか、と思う。

「人のこと、いつまで子どもだと思ってるんだろうね?」「私だって一生懸命大人になったんだよ」と涙をこぼす安達さんに、「うさぎさん」の着ぐるみを脱いだじろうが言う。

「じゃあ、一生懸命バカやれよ! あんた、目が死んでんだよ!」
「笑顔で取り繕うが、着ぐるみかぶろうが、その死んだ目、隠せねえ」

「忘れてた・・・忘れたかったのかな」という「秘密」。と同時に「仕事に対する意識などが少しずつ変わっていった」大事なきっかけでもあった。思えば、私たち一人ひとりにも、忘れたくて忘れている、大事な「秘密」はあるかもしれない。

ところで、10話まで来てまだ正体がわからない「謎の少女」。そして次回登場するのは、おそらくアノ人!! 衝撃の次回に期待したい。

(文・田幸和歌子/イラスト・月野くみ)

【第11話あらすじ(6月26日[金])】
女性向けのライフスタイル雑誌の編集者から"毎号私物を一つ整理してほしい"という企画の依頼を受けた安達さん(安達祐実)。
ドラマのクランクアップの記念に新しいパジャマをもらった安達さん。その夜、夢に安達さんが15年以上愛用するパジャマ(YOU)がなぜかヒールと革ジャンで現れた。ダルダルになったパジャマに「あなたはずっと、私のもの」と、どうしても捨てられないと執着する安達さんに、少女(川上凛子)は問いかける・・・。

◆番組情報
『捨ててよ、安達さん。』
毎週金曜深夜0時52分からテレビ東京で放送中。
動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では、放送1週間前から先行配信中。