くら寿司が 浅草に巨大店

PlusParavi
くら寿司が 浅草に巨大店
くら寿司が 浅草に巨大店

『くら寿司が 浅草に巨大店』動画はこちら

回転寿司チェーンの「くら寿司」が、東京・浅草に、巨大旗艦店「くら寿司 浅草ROX店」を新規オープンしました。最大の売りは「観光」と「食事」が同時に体験できる「サイトイーティング」。

一体どんな店なのでしょうか?

20200316_business_02.jpg

入店してまず驚かされるのは、その広さ。くら寿司の国内チェーン店で過去最大。業界初となる「ジャパンカルチャー発信型」店舗ということで「白木のテーブル」に「畳の椅子」、壁には「ちょうちん」や「浮世絵」などが並ぶ、文字通り『和』のテイストが満載。

接客にあたるスタッフも、外国人観光客のため英語、中国語、ベトナム語など多言語にわたり専門の人員を確保しています。

建物、人ともにグローバルな展開が期待できそうです。

20200316_business_03.jpg

田中邦彦社長は「すしは元来、屋台から発祥した食文化。江戸時代の町並みそのものを再現した店舗づくりをイメージした」と言います。

店内の一角には「縁日」のコーナーも設けられていて、すし以外の「日本文化」が体験できると、海外からの観光客に大人気。

これが、いままでになかった「サイトイーティング(観光と食事)」です。

20200316_business_04.jpg

「食」と「エンターテインメント」を見事に融合させた『くら寿司』。

今後も同様の店舗を世界中に展開していく予定で、2020年中に中国・上海への初出店することも表明しました。

また2030年には、国内外の出店数を現在の約500店から1,000店に倍増させる計画もあります。

『くら寿司が 浅草に巨大店』動画はこちら

この映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2020年1月21日放送)の内容を配信用に再構成したものです。

テレビ東京の経済報道番組とTBSの「がっちりマンデー!!」を"早見"できる「パラビジネス 見て得する!サクッと経済」は毎日配信中。

(C)テレビ東京

2月のパラビジネス人気動画!
日本アニメも人気 変わるサウジ
「自動調理家電」で手間いらず
成城石井が仕掛ける新総菜戦略
コンビニで売れているモノは?
日本の「生卵」が海外で大人気