『ぎぼむす 新年SP』綾瀬はるか、佐藤健ら赤ちゃんとの共演に大苦戦!?

PlusParavi
『ぎぼむす 新年SP』綾瀬はるか、佐藤健ら赤ちゃんとの共演に大苦戦!?
『ぎぼむす 新年SP』綾瀬はるか、佐藤健ら赤ちゃんとの共演に大苦戦!?

2020年1月2日(木)の夜9:00からTBSで放送される『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』の制作発表会見が12月21日(土)に行われ、綾瀬はるか佐藤健上白石萌歌井之脇海竹野内豊が登壇。撮影中のエピソードなどを語ったほか、お正月に放送されるということで一足先にキャスト陣による餅つきが行われた。

20191221_gibomusu_02.jpg

本作は桜沢鈴による同名4コマ漫画が原作で、2018年7月クールに火曜ドラマ枠で放送。主人公のキャリアウーマンが8歳の娘を持つ男性に突然プロポーズされ結婚、畑違いの家事やママ友の世界に足を踏み入れ、娘の母親になろうと一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語を描いた。スペシャルドラマは連続ドラマ最終回の1年後が舞台の完全新作で、突然現れた赤ちゃんの育児に亜紀子(綾瀬)らが奮闘する姿などが描かれる。

また、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」ではこのスペシャルドラマのパラビオリジナルストーリー『義母と娘の間のフェルマータ』も配信される。竹野内、佐藤、井之脇がそれぞれ主演を務める3つの物語を3夜連続で配信する予定だ。

20191221_gibomusu_08.jpg

艶やかな着物姿で制作発表の場に登壇したキャスト陣。久々に亜紀子さんを演じた綾瀬は「私自身もすごい好きなドラマだったので、またこうして帰ってくることができてとてもうれしく覆います」と語り、久々に亜紀子を演じたことについて「久しぶりにスーツを着てハイヒールでツカツカと歩くシーンを撮影した時に、思った以上に亜紀子さんは動作が機敏なので普段ゆったり歩いてる自分からするとすごい緊張感がありましたね(笑)。大分カチットキリっとされているので、頭の先から足の先まで緊張感を持って演じました」と語った。

20191221_gibomusu_09.jpg

"息子"かもしれない赤ん坊を宮本家に連れてくる麦田役の佐藤は赤ちゃんとの芝居シーンに苦戦した様子で「僕自体も窮地に立たされました(笑)。やっぱり難しいですよね・・・麦田があやして笑わせるシーンとか求められるんですけど、泣き止まないんです。綾瀬さんには最初からなついていたので『何が違うんだろう・・・』って毎日へこんで帰ってました(笑)」と語った。

現場では赤ちゃんを笑わせるために試行錯誤したようで、佐藤は「反町隆史さんの『POISON〜言いたい事も言えないこんな世の中は〜』を流すと泣き止むというので、本番中はずっと流してました!」とネットで知ったという方法を活用していたことも明かす。

20191221_gibomusu_06.jpg

また、上白石演じるみゆきの幼なじみである大樹役の井之脇も赤ちゃんとの撮影が印象的だったようで「スタッフさんもキャスト陣も赤ちゃんをあやすために全力で笑わせにかかっていたんですけど、撮影の時はカメラの後ろでスタッフさんが『いないいないばぁ』とかしていて楽しかったです(笑)。視界の端に見えて笑いをこらえるのに必死でした」と楽しそうに語った。

20191221_gibomusu_10.jpg

一方、亜紀子の"娘"であるみゆきを演じる上白石は「綾瀬さんとの会話がすごく楽しかったです」と語り「空き時間の時に沢山お話をさせていただいて、連ドラの時以上にさらにまた強い絆が生まれた実感がありました。そこは一年経ってもみゆきと亜紀子さんに強いつながりがあるように、私と綾瀬さん(の心の距離も)も近くなったかなと思ってうれしかったです」と笑顔で撮影を振り返った。

20191221_gibomusu_07.jpg

そして今回、連続ドラマで演じていたみゆきの父・良一とは違う役どころで本編に登場する竹野内。本編では別の役で登場しつつも良一としてナレーションを務めており「良一さんはみゆきが9歳の時に他界してその後10年、みゆきは亜紀子さんと2人で実の父より長い時間を過ごしているので本当の親子になっているなと言う印象でした」と"義母と娘"の確かな絆を感じていた様子。

また、竹野内は「今回は別の役柄で参加しているので、なじみのあるスタッフなのに初めての現場に参加してるような不思議な気分でした」と語りつつ「撮影の合間、モニターで亜紀子さんを見ていたんですけど細かな仕草ひとつにしても完全に亜紀子さんなんですよね。だからすごいなと思いながら見ていました」と久々に亜紀子を演じる綾瀬の演技を称賛した。

そして最後に、綾瀬が「一年の始まりに、本当に愛に溢れたドラマ、何気ない日常から小さい幸せを見つけられるドラマになっていると思います。皆さんに勇気とか元気を与えられると思うのでお茶の間で笑いながら、たまにホロッとしながら見ていただければと思います」とメッセージを送って会見を締めくくった。

20191221_gibomusu_05.jpg

『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』は2020年1月2日(木)の夜9:00からTBSで放送。また、パラビオリジナルストーリー『義母と娘の間のフェルマータ』は、2020年1月2日(木)夜9:00から放送の『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』の放送後から3夜連続で配信される。さらに、パラビでは連続ドラマ『義母と娘のブルース』と、Paraviでしか見ることができない『義母と娘のブルース ディレクターズカット版』をそれぞれ配信中。

◆番組情報
『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』
2020年1月2日(木)夜9:00~11:20 TBSにて放送

『義母と娘の間のフェルマータ』
【佐藤健編】2020年1月2日(木)夜11:20~配信開始
【竹野内豊編】2020年1月3日(金)夜9:00~配信開始
【井之脇海編】2020年1月4日(土)夜9:00~配信開始