石原さとみ主演ドラマの主題歌にあいみょん書き下ろし新曲!「楽曲の中を彷徨わせたいです、ズブズブに」

PlusParavi
石原さとみ主演ドラマの主題歌にあいみょん書き下ろし新曲!「楽曲の中を彷徨わせたいです、ズブズブに」
石原さとみ主演ドラマの主題歌にあいみょん書き下ろし新曲!「楽曲の中を彷徨わせたいです、ズブズブに」

7月からTBSで放送される石原さとみ主演ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』が、主題歌をあいみょんの書き下ろし新曲「真夏の夜の匂いがする」に決定。音楽番組がきっかけであいみょんのファンになったという石原は、「とてもうれしく、出来上がりを心待ちにしていました!」と喜んだ。

本作は、1999年から2003年まで「週刊スピリッツ」(小学館)にて連載された、佐々木倫子による漫画「Heaven? ご苦楽レストラン」が原作で、「ロワン・ディシー<この世の果て>」という名のフレンチレストランを舞台に、風変わりなオーナー・黒須仮名子(石原)と個性的な従業員たちとの間で繰り広げられる、"至極のフレンチレストランコメディー"。

主題歌を務めることになったあいみょんは本作のために「真夏の夜の匂いがする」を書き下ろし、「今年の初めに石原さんと番組でご一緒させて頂く機会があり、その後ライブにも足を運んでくれて、『是非また一緒に何かできたらうれしいな』と思っていた矢先に、石原さん主演のドラマ主題歌の書き下ろしのお話を頂いて、純粋にうれしく思いました」とコメント。

また、「石原さんが演じる、黒須仮名子は破茶滅茶だけど、何故かクセになる放っておけない人物。『真夏の夜の匂いがする』もそういうクセのある存在で、聴く誰かの身体に、耳に、目に残って、抜け出せないものになればと」と楽曲つくりについて明かし、「楽曲の中を彷徨わせたいです、ズブズブに」と思いを語った。

一方、石原も自身がMCを務めた音楽番組をきっかけにあいみょんのファンになったとのことで、「あいみょんさんの楽曲は全曲聞かせていただき、なんて幅広いジャンルを自分色に染め上げ、心に突き刺さる言葉と救ってくれる言葉を投げかけてくれる歌詞なんだろうと感嘆しました」とその魅力を熱弁する。

石原をも魅了するあいみょんがドラマをどんな音楽で盛り上げていくのか、期待が高まる。

以下、あいみょん、石原、プロデューサーのコメントを紹介。

◆あいみょん

今年の初めに石原さんと番組でご一緒させて頂く機会があり、その後ライブにも足を運んでくれて、「是非また一緒に何かできたらうれしいな」と思っていた矢先に、石原さん主演のドラマ主題歌の書き下ろしのお話を頂いて、純粋にうれしく思いました。

今回石原さんが演じる、黒須仮名子は破茶滅茶だけど、何故かクセになる放っておけない人物。「真夏の夜の匂いがする」もそういうクセのある存在で、聴く誰かの身体に、耳に、目に残って、抜け出せないものになればと。

楽曲の中を彷徨わせたいです、ズブズブに。是非、楽しみにしていて下さい。

◆石原さとみ

今回主題歌を担当してくださると伺い、とてもうれしく出来上がりを心待ちにしていました。

MCを務めたミュージックヒーローの番組がきっかけで、あいみょんさんの楽曲は全曲聞かせていただき、なんて幅広いジャンルを自分色に染め上げ、心に突き刺さる言葉と救ってくれる言葉を投げかけてくれる歌詞なんだろうと感嘆しました。

収録後すぐにライブに行かせていただき、生ライブの素晴らしさとファンの皆さんの愛の熱量や距離感を知り、私自身あいみょんさんのファンになって良かったと感じました。MCを見ていても面白くてワクワクし、人間的魅力が先行している感じがしていつか友達になりたいと密かに願っています♡

あいみょんさん、素晴らしい楽曲をありがとうございます!皆さん、主題歌を心から楽しみにしていて下さい!

◆プロデューサー・瀬戸口克陽

あいみょんさんの魅力を活かした上で、ぜひドラマのコンセプトである"予測不能"な世界観を表現して頂けたら」とお願いしたところ、ある日「これだ!という楽曲が出来たので、ついてはCDではなく目の前で直接お聴かせしたい!」という"予測不能"なご連絡を頂き(笑)。目の前であいみょんさんが弾き語りで唄ってくださった主題歌は、ドラマに本当にピッタリの、ワクワクする素敵な曲でした!

あいみょんさん、ありがとうございます!!!主題歌の力をめいっぱいお借りして、面白いドラマをお届けしたいと思います。