『Heaven?―』石原さとみは"大阪のおばちゃん"!?和気あいあいとした撮影現場にほっこり

PlusParavi
『Heaven?―』石原さとみは"大阪のおばちゃん"!?和気あいあいとした撮影現場にほっこり
『Heaven?―』石原さとみは"大阪のおばちゃん"!?和気あいあいとした撮影現場にほっこり

7月9日(火)放送開始の石原さとみ主演ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(TBS)の制作発表会見が7月1日(月)に行われ、石原、福士蒼汰志尊淳勝村政信段田安則岸部一徳が登壇した。

本作は、1999年から2003年まで「週刊スピリッツ」(小学館)にて連載された、佐々木倫子による漫画「Heaven? ご苦楽レストラン」が原作で、「ロワン・ディシー<この世の果て>」という名のフレンチレストランを舞台に、風変わりなオーナー・黒須仮名子(石原)と個性的な従業員たちとの間で繰り広げられる、"至極のフレンチレストランコメディー"。

ドラマの舞台となる「ロワン・ディシー」のセットで行われた制作発表に石原らが登壇。すでに撮影から2か月が過ぎ、すっかり仲が深まり和やかな様子のキャスト陣。石原は撮影中に知った共演者の意外な一面を聞かれ、「皆さんありますけど・・・岸部さんがすごくお茶目! それがきゅんとします」と明かす。

20190701_heaven_02.jpg

一方の岸部は、「本当はねお茶目なんですけど(笑)、意外と皆さんが優しくて。年が相当離れているんですけど、志尊君となんか50歳近く違うんだよね。だから話がほとんど合わないんです。合わないけど、時々スキマをあけてくれていて、ちょっと話に入れるかなという時には入れるようにしてくれているんです」と後輩たちの優しさに感動している様子。

20190701_heaven_07.jpg

メンバーの中では最年少となる志尊は、「なるべく岸部さんとコミュニケーションを取りたいなと思っているんです。よく勝村さんと岸部さんが、ごめんなさい、言葉選ばずに言うと・・・一昔前の話をされていて、その内容を僕も理解したくて色々調べたりしています」と無邪気に明かした。

20190701_heaven_04.jpg

そんな年齢差の大きい現場で盛り上げ役になっているのは勝村のようで、福士は「勝村さんがすごくお若いんです。話も豊富で、20代から70代までの方の話を持っていて、僕たちの間に入ってくださるんです」と明かし、「勝村さんのおかげで現場が和やかに進んでいるのかなって」と感謝を伝える。

気をよくした勝村は改めて「誰のおかげですか?」と問いかけ、それに志尊が「勝村さんのおかげです(笑)」と答えると、「ありがとうございます」と満足そうに笑った。

20190701_heaven_05.jpg

そんな中、志尊が「現場では最近『大阪のおばちゃん』と言われている」と、石原の意外な一面を告白。それに石原が「ちょっと!(笑)」と返すと、勝村が「見ての通りです(笑)。割と若いのに色々周りに気を配ったり、本人は(自分を)ツッコミだと思っているんですけどド天然なんですね。で、現場ではよくアメちゃんを配ってくれています」と石原の"大阪のおばちゃん"らしさを明かした。

さらに福士から「現場の皆さんにおにぎりを配ってくれました」と明かされ、石原は「配るつもりはなかったんですけど、段田さんと健康の話になって、楽屋でお米を炊いていることを伝えたら『食べたい』となったので、『渡しに行きますね』って。そんな話をしていたら隣の楽屋が・・・」と語ると、勝村がカットイン。

勝村は「僕、段田さんと楽屋が隣同士なんだけど、石原さんが『これ食べて元気になってください』っておにぎりを渡す声が筒抜けで。当然僕のところにも来ると思ったのにそのまま自分の楽屋に帰っちゃったんです。その話をしたら次から全員に配ってくれて(笑)。体は元気になったけど心が元気にならないよ!」と真相を説明。

20190701_heaven_06.jpg

石原は「それから3合炊くようになりました(笑)」といい、それでも自分の楽屋でお米を炊くことに幸せを感じているようで、「炊飯器炊いていて、水分量が難しいんですけど、空けた瞬間にふわ~っといい香りと共に、うまく炊きあがった時はすごく幸せな気持ちになります。おにぎり握りながら、みんな塩加減どのくらいがいいかな、とか。楽しかったです」と笑顔で語った。

また、会見ではMCから福士が撮影現場でよく歌を歌っているというタレコミ情報が。それに対し石原が「しっかりとした(主題歌を務める)あいみょんさん(の歌)が聞こえてきます。福士さんの影響で志尊くんも歌い始めて、岸部さんも鼻歌が普通の歌に・・・」と明かし、うわさが本当であることが判明。

最近はポケットモンスターの主題歌で福士と志尊が盛り上がっていたといい、志尊が「昔の主題歌をたまたま口ずさんでいたら共鳴して(笑)。それを勝村さんが撮ってくれました」とその時の状況を語り、仲の良さを垣間見せた。

石原も「前室でもずっとしゃべっていたりするんですけど、しゃべってない時間も心地いい現場ってなかなかないなと思って。ただ近くにいて座っているだけで、空気が出来上がっている現場はないので、すごくいい空気でドラマがお届けできるんじゃないかなと思いました」とその空気の良さが良い作品作りに繋がっているのではないかとコメント。

20190701_heaven_14.jpg

そして最後に、「忙しかったりして精神的にも体力的にも『疲れたな』と毎日思う日々だと思うんですけど、この作品は見ても疲れるわけでもなく、考えさせられるわけでもなく、肩の力を抜いて何も考えずに見られるドラマなので、皆さんの疲れが癒されたり、明るくなったりして『なんか見ちゃうんだよな』っていうドラマになればいいなと思って、日々撮影頑張ってます。皆さんぜひご期待ください。よろしくお願いします」とドラマをアピールした。

20190701_heaven_13.jpg

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』は、7月9日(火)からTBSで夜10:00より放送スタート。

(C)Plus Paravi