『ミリオンジョー』萩原聖人、北山宏光らとの共演「学ぶことも多い」

PlusParavi
『ミリオンジョー』萩原聖人、北山宏光らとの共演「学ぶことも多い」
『ミリオンジョー』萩原聖人、北山宏光らとの共演「学ぶことも多い」

テレビ東京で毎週水曜深夜1:35に放送され、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」にて全話先行独占配信されている北山宏光主演ドラマ『ミリオンジョー』。本作は、国民的大ヒット漫画"ミリオンジョー"を描いていた真加田恒夫(三浦誠己)が連載中に急死してしまったことから、担当編集者の呉井総市(北山)がなんとかして継続を試みようとする禁断のコミックサスペンス。その真加田のチーフアシスタントを務める寺師良太を演じた萩原聖人にインタビュー。主演の北山宏光や今泉佑唯が大ベテランの萩原に与えた影響などを語ってくれた。

――最初に原作を読まれた感想は?

短かったけど、ものすごく凝縮された作品。あっという間に読み終わっちゃいました。

――そして萩原さんが演じるのが真加田のチーフアシスタント、寺師。実際に演じてみて、いかがでしたでしょうか。

原作の寺師を思いっきり意識するというより、僕なりの寺師を強く意識して演じたところはありますね。

――僕なりの寺師というと?

根っこの部分は原作と変わらないんですけど、見せ方を少し変えたというか。寺師ははっきり言ってクズ。でも、このドラマの中に出てくる人物の中では一番、リアルで人間っぽく感じました。だから原作の寺師よりかは感情が表に出て、ちょっと起伏の激しい人間になっていますね。

――では、寺師をキャラクター的に分析すると?

自分がなしえなかったこととか、やりたかったことが出来ない現実を知り、コンプレックスの塊のような生き方しかできなくなった人間。ファイティングポーズを下げながら生きているという感じですね。しかも借金があったり、奥さんに未練があったり、男らしいようで意外と女々しくて。僕にもそういうところがあるので、すごく人間っぽいキャラクターだなぁって思います。

――劇中、寺師は頭にタオルを巻いていました。

そうなんですよ。原作だとバンダナを巻いているんですけど、なんかしっくりこなくて、タオルにしました(笑)。これはスタッフさんと試行錯誤しながら衣装合わせをした結果。ビジュアルを作って、あとはチームのみんなと演じながら寺師というキャラクターを作っていきました。

――主演の北山さんと共演した印象は?

すごくマジメだし、ストイックという印象です。この作品は北山くんが演じる呉井が魅力的に映ることが重要だと思ったんです。自分のキャリアの中でも、俺にもこういうときがあったなぁとか、いろいろ思うことはありましたが、カメラの前に立てば立場は一緒だなって。僕とか深水(元基)くんは俳優をずっと生業にして生きてきましたが、北山くんや永野くんは俳優ではない部分で活躍されている方たち。ずーみん(今泉佑唯)も今、女優を目指している最中の女の子ですし。この3人と共演して僕も、いろいろと学ぶことや感じることは多かったですね。でも、彼らとピンチを乗り越え、あえて協力するのではなく、自然と助け合って、この大変な撮影を乗り切った感がありました。

20191025_mj_03.jpg

――今回の物語はマンガ編集の世界が舞台となっています。萩原さんは今でもマンガを読むことはあるんですか?

昔ほどは読まなくなりましたね。若いときはいわゆる少年誌は全部、網羅していました。だから自分に漫画の才能がなかったことが悔やまれます。俳優も漫画家に近いところはあると思うんですけど、マンガはそれよりも人の人生に影響するような作品がいっぱいあって。僕の中にも、僕の一部になっている作品が多くありますから。生まれ変わったら漫画家になるのも悪くないよなって思います。才能があればの話ですけど(笑)。

――ちなみに今でも読んでいるマンガはあるんですか?

唯一、読んでいるのは『ONE PIECE』。これはもう義務みたいなものですから(笑)。

――出演者のみなさんは、とにかく撮影現場が暑かったとおっしゃっていました。

スタジオの中で照明をたくので、その暑さが外の暑さとはまた違う暑さになっていて。スタッフさんも大変そうでした。でもね、快適な環境でやれば必ずしもいい作品が出来るわけでもないですし。そういう苦しい中で作ったからこそ、生まれる絵もあると思うんです。まぁ、終わってしまえば、いい思い出。撮影時は毎日、スタジオへ行くのが憂鬱でしたけどね(笑)。

――やせたりはしなかったんですか?

北山くんはやせたって言っていましたね。元々役作りのために絞っていましたが、予定よりどんどん早くやせちゃったみたいで・・・。「おはよう」って言うたびにどんどん顔が小さくなっていましたから(笑)。

――改めて『ミリオンジョー』の魅力を教えてください。

アクシデントやトラブルは生きていると、大小にかかわらず、必ず起きること。ちょっと転んでひざから血が出るのもアクシデントのひとつ。この『ミリオンジョー』は対岸の火事と思っていたアクシデントが身近で起きたとき、どうすればいいのか。いつ自分にも人生を左右する出来事が起きるかもしれない。自分だったら、どうすればいいのかを置き換えて見ていただくと、よりサスペンス感が増すと思います。僕は勝手に熱血サスペンスって、このドラマをジャンル分けしていたんですけどね(笑)。

――そのジェットコースタードラマ『ミリオンジョー』がパラビでは地上波と違い、早くも最終回まで一気見ができます。

もう毎回、山場しかないので一度見始めたら、一気見が出来ちゃうと思うんですよ。長編映画みたいに。同じトラブルにかかわった人たちが、それぞれ結末が違うのも、この作品の見どころのひとつじゃないかな、

――ちなみに萩原さんが呉井だったら?

とっとと金を持って逃げていますよ(笑)。もちろん、冗談ですよ、冗談!

(文・撮影:MAIMAI)

【番組情報】
毎週水曜日深夜1:35からテレビ東京で放送中
動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で全話一挙配信中

PICK UP