メード・イン・ジャパンの男性下着NYへ

PlusParavi
メード・イン・ジャパンの男性下着NYへ
メード・イン・ジャパンの男性下着NYへ

『メード・イン・ジャパンの男性下着NYへ』動画はこちら

日本国内ではすでに下火ともいえる繊維産業を盛り上げようと、特徴的なデザインの「男性用下着」に力を入れている、日本のアパレルメーカー「TOOT(トゥート)」。こだわりの「メード・イン・ジャパン」をかかげ、ニューヨーク・マンハッタンに初進出しました。

20191126_business_02.jpg

「TOOT」の下着の特徴といえば「フロントカップ」。宮崎・日向市の縫製工場で、熟練の職人たちが全て手作りで仕上げています。とにかく履き心地は快適で、一度履いたら手放せないのだとか・・・。

シルクの生地メーカーと組んで開発した製品などもあり、素材にも徹底的にこだわっています。

20191126_business_03.jpg

日本では、生産が追いつかないほどの人気ブランドですが、高品質な分、値段は少々高め。

アメリカでの販売価格は、下着1枚28~71ドル(約3,000~7def_canm600円)。スーパーで買う一般的な下着は5枚で10ドル(約1def_canm070円)くらいなので、かなり強気の価格設定です。

今後、世界中の都市への展開も視野に入れており、まずはニューヨークでの売れ行きに注目です。

『メード・イン・ジャパンの男性下着NYへ』動画はこちら

この映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年9月6日放送)の内容を配信用に再構成したものです。

テレビ東京の経済報道番組とTBSの「がっちりマンデー!!」を"早見"できる「パラビジネス 見て得する!サクッと経済」は毎日配信中。

(C)テレビ東京

身体のことをもっと知りたい!
若い世代の受診増加 「スマート脳ドック」とは?
原因はノートパソコン!?「デスクワーク症候群」
座る時間が世界一長い!?日本人の健康リスク
「睡眠改善アプリ」で眠りは変わる?
東京五輪に向け「コンドーム」も強化