【ネタバレ】『ペンディングトレイン』未来と仲間を諦めなかった直哉と優斗の最後

公開: 更新: PlusParavi
【ネタバレ】『ペンディングトレイン』未来と仲間を諦めなかった直哉と優斗の最後
【ネタバレ】『ペンディングトレイン』未来と仲間を諦めなかった直哉と優斗の最後

「生きよう、何があっても」
「やれるだけ、やってみよう」

地球滅亡の日、最後の日までどう生きるのかを5号車の乗客それぞれが見せてくれた『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』(TBS系)最終話。

自分たちの経験則を超える事態に遭遇した際にたちまち湧いてくる陰謀論に米澤(藤原丈一郎)は動画を配信しこの先待ち受ける信じがたい未来の話をし、想いを託す。ネットの中にある善意に懸けたのだ。社会を世論を動かさなければ何も始まらないというのはもちろんだが、最終的に寺崎(松雪泰子)の知り合いを伝って防災インフラの整備されたスイスに逃避することになるのだから、極論を言えば真実を知っている自分たちだけが助かることだってできたわけだ。しかし、そうではなく自分たちの周囲の大切な人が、思い出の場所が、風景が失われないよう奔走することを彼らは選んだ。

20230626_pt_03.JPG

未来でも、5号車と6号車の乗客同士での奪い合いが始まった際に声の限りを振り絞り叫んでいた米澤の姿が目に浮かんだ。「競い合うことないんよ、協力し合うんよ。同じ未来を見るんよ、平和で夢があってみんなでめっちゃ笑う、そんな未来。みんなで希望持とう、まだまだこの世界は届くって」あれだけ荒廃した悲惨な景色を目の当たりにしながら、無駄に恐怖心を煽ったり信じられない人を切り捨ててしまわず根気強く、人を信じて語りかける米澤は希望だし立派だ。

そして、加藤(井之脇海)が持ち帰った植物のゲノム解析や年代測定の甲斐あって、ようやく乗客の証言は信用に足ると国も秘密裏に動き出す。小惑星の軌道を修正するためのロケットが飛ばされるその日まで、あとは祈ることしかできない。それでも、彼らは日々の営みを止めなかった。

20230626_pt_04.JPG

こんな状況でも来年また海を見に行く約束だってできるし、婚活中だった弘子(大西礼芳)は紗枝(上白石萌歌)の勤務先のジムのトレーナーにときめいて紹介を頼む。明石(宮崎秋人)は地球滅亡の日が近づいている中でも妻と話し合って離婚し、玲奈(古川琴音)との"出会い直し"を望んだ。そして和真(日向亘)と小春(片岡凜)の元には無事新しい命がやってきた。

米澤は田中(杉本哲太)を思って彼の家族に会いに行き田中の様子をそのまま話す。そして、そのことを田中に報告する手紙をしたためる。地球が滅亡するかもしれない直前の彼らの日々を見ていて気付くのは、人はそもそも未来に向かって進むしかないことだ。約束も予定もちょっとした心の動きも、人と出会うことだって紫外線ケアだって全ては必然的に未来に向かっているのだ。

20230626_pt_02.jpg

弟・達哉(池田優斗)のことを救えなかったと自らが幸せになることを遠ざけようとする直哉(山田裕貴)と、先輩・高倉(前田公輝)を負傷させてしまったことにずっと負い目を感じ続ける優斗(赤楚衛二)は、どちらも自分のこととなるといつだって後回しだ。

「最後まで誰かを助けなければ」と自罰的なまでに考える優斗のことを救ったのは直哉だった。自分の心のシャッターをぶっ壊してくれて達哉とのわだかまりが解消されたのは他でもない自分のことを諦めないでいてくれた優斗なのに、それでもまだ優斗は足りないと言わんばかりに「誰かを救えるように」なんて言う。もう十分すぎるのに。

"お前に救われた人間がここにいるよ"と伝えるために、今度は直哉が優斗のことを諦めない。未来に残ろうとする直哉に優斗は「一緒に来い!俺を信じろ」と力強く言って引っ張り上げたが、今度は直哉の番だ。直哉が元々は懐疑的だった「やれるだけやってみるか」という優斗の言葉を口にする。自分のことなら"こんなもんか"と思ってしまえるのに、相手のことになると"助かってほしい""もっと生きたいと思ってほしい"と願える。自分が不貞腐れるよりも相手がこの世界に絶望することの方が見ていられず、いても立ってもいられなくなる。

20230626_pt_05.jpg

そんな2人が肩を組み歩く姿はまさに人と人との支え合いがそのまま投影されていた。恋愛ドラマで度々見かける好きな人に向かって自分の心に正直に一心に駆け出す姿には毎回心掴まれるが、吸い寄せられるように思うより早く、大切な忘れ物を、自分の一部を取りに行くように優斗の居場所に駆け付け迎えに行った直哉の姿もまた忘れられない。

自分の目で耳で体で相手の心の奥を見ること。もし人に声を掛けたかったら社会の輪の中で働いて居場所を持って、そして堂々と声を上げること。それってつまり嘘偽りなくこの瞬間に対して本気で生きるということだ。やれるだけやった先に飛び乗った列車がどこに辿り着くか分からなくたって、未来は明るいと信じられるように。信じ合える人と一緒なら怖くないと思えるように。

(文:佳香(かこ)/写真:(C)TBS)

◆放送情報
ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と
動画配信サービス「Paravi」で全話配信中。
また、Paraviオリジナル「ペンディングトレイン~終電後トーク~」も独占配信中。

【お知らせ】
U-NEXTとParaviは7月に統合いたします。それに伴いPlusParaviは6月30日に終了します。TBS、テレビ東京などのParaviコンテンツ情報については引き続きU-NEXT SQUAREでお楽しみください。
https://square.unext.jp/