【ネタバレ】『妻、小学生になる。』小学生になった妻&母の寂しさ埋める応援

PlusParavi
【ネタバレ】『妻、小学生になる。』小学生になった妻&母の寂しさ埋める応援
【ネタバレ】『妻、小学生になる。』小学生になった妻&母の寂しさ埋める応援

村田椰融による同名コミックを原作に据え、堤真一が主演を務めるホームドラマ『妻、小学生になる。』(TBS系)の第4話が2月11日に放送された。10年前に亡くなった妻・新島貴恵(石田ゆり子)が、小学4年生・万理華(毎田暖乃)に生まれ変わり、主人公・圭介(堤)と娘・麻衣(蒔田彩珠)のもとに現れる物語。よくある生まれ変わりモノと違い、本作のキモはもちろん「小学生」だということ。大人なら本人の自由だし、赤ちゃんだったらその成長をひそかに見守ることができるが、「小学4年生」の現在やそこに至るまでの日々・人間関係があるから、ややこしい。

その最大のややこしさが、現在の万理華の親だ。貴恵の誕生日を祝った後、自宅まで送った圭介と麻衣は、万理華の母・千嘉(吉田羊)に遭遇。千嘉の怖そうな印象に、圭介と麻衣は不安を抱く。

一方、守屋好美(森田望智)と圭介の距離は縮まりつつあった。圭介は守谷から、万理華の小学校の球技大会があることを聞き、手作りの差し入れをするため、卵焼きの作り方を教えてくれと頼むのだ。

その頃、万理華にも様々な変化が起こっていた。小中高とバスケ部キャプテンだった貴恵の意識が目覚めたことで、バスケで活躍。球技大会の代表に。しかし、友人と交換で描いていた漫画の続きについて問われ、記憶がないだけでなく、ド下手であることに悩む。

そこで、弟・友利(神木隆之介)に、かわりに描いてくれと頼むと、万理華を姉の生まれ変わりと信じていない友利は、かつて連載が決まっていたのにバックれてしまったという過去を語る。実は、自分の漫画が載った雑誌を一番に見せたい人がいたが、サプライズする前にその人が突然死んでしまったのだと言うのだ。

いよいよ球技大会。圭介と麻衣は、こっそり応援に来たが、事前に申請したパスがないと校内に入れないと言われ、困っていると、万理華の同級生・タケル(川口和空)が助け舟を出してくれる。

タケルは爽やかで、スポーツ万能で、おまけに「父がPTA会長」という理由でパスを入手してくれる権力まで持っている。圭介にとっては、小学生ながら強力なライバルだ。

無事校内に入れた二人は、万理華に遭遇するが、万理華は「騒がないこと」「写真も撮らないこと」「遠くで見るだけ」、母・千嘉に話しかけないことを二人に約束させる。

万理華は大活躍。しかし、お弁当を持って来てくれるはずの母は来ず、一人外にいく。すると、そこに圭介が現れ、差し入れの手作り卵焼きを一緒に食べることに。「私たち、何やってるんだろうね? おじさんとおばさんが小学校でコソコソお弁当食べて」と笑いながら、万理華は言う。

「迷惑だけど、嬉しかったわ。あなたと麻衣が応援に来てくれて」

実は千嘉は、彼氏から突然電話があったことで、遊園地に行ってしまっていた。しかも、彼氏に異動になると伝えられると、「ついて行っちゃおうかな」と軽々しく言う。だが、彼氏が実は妻子持ちだったことを知ると、妻と子に全部ぶちまけると激怒する。千嘉は、母である前に「女」を優先させてしまう女性なのだろうか。

結果的に圭介と麻衣は、球技大会での万理華の孤独を救うことができた。しかし、帰り道、同級生のママたちが万理華の活躍を賞賛しつつ、「可哀想」と言うのを聞いてしまう。そして、万理華の両親が離婚していること、その理由がダンナの浮気とDV だったことや、「お母さんも危ない感じ」「ものすごい剣幕で叱る声聞いったって」などの噂話に不安になる。

そこで圭介は、タケルに事情を聞くが、万理華が母に怒られていたこと、お弁当を食べていなかったことなどを知り、不安は増すばかり。連絡するも既読にならず、いてもたってもいられなくなった圭介は、万理華に電話をし、母親について聞いた噂話のことを尋ねる。すると、万理華は「たった一人で私を育ててくれてる」「余裕がないだけ」と庇うが、そこに千嘉が帰宅。

見覚えのない携帯で話をする万理華を問いただし、激怒する千嘉は万理華に手をあげる。その手を止めたのは、圭介だった。他人なのにと言われた圭介は、つい他人じゃないと返し、啖呵を切ってしまう。

「あなたが彼女を大事にしないなら、彼女は僕が引き取ります!」

前世の夫と、現在の母との間で起こった衝突。事情を話しても信じてもらえる内容ではないだけに、波乱必至だ。貴恵の意識が目覚めたことで、万理華が活発になり、人気者になる一方で、大事なモノを失いつつあることも気になる。

(文・田幸和歌子/イラスト・まつもとりえこ)

【第5話(2月18日[金]放送)あらすじ】

ついに小学生妻の母親である千嘉(吉田羊)と対立してしまった圭介(堤真一)は、万理華(毎田暖乃)を助けようと二人の間に割って入るが、さらに千嘉の怒りを買う結果に。家から追い出されてしまう万理華は孤立してしまうが・・・。

翌日、麻衣(蒔田彩珠)のもとに愛川工務店の蓮司(杉野遥亮)から連絡があり、パソコンを買うので付き合ってほしいと頼まれる。寺カフェには守屋(森田望智)と詩織(水谷果穂)が来て、ひょんなことから麻衣と守屋は、互いに圭介の娘と会社の人間であることを知る。

一方、千嘉のことで悩んでいた万理華は、きちんと話がしたいと千嘉に伝えるために圭介に相談する。

◆番組情報
『妻、小学生になる。』
毎週金曜日22:00からTBS系で放送中。
地上波放送後、動画配信サービス「Paravi」でも配信中。