【ネタバレ】『ファイトソング』頑なな花枝の心を動かす芦田の真っすぐな思い

PlusParavi
【ネタバレ】『ファイトソング』頑なな花枝の心を動かす芦田の真っすぐな思い
【ネタバレ】『ファイトソング』頑なな花枝の心を動かす芦田の真っすぐな思い

主人公・花枝(清原果耶)と一発屋のミュージシャン・芦田(間宮祥太朗)の"期間限定"の恋愛が始まり、2人がそれぞれに新たな「スタートライン」に立った『ファイトソング』(TBS系)第2話。

芦田の自宅のハウスクリーニングを終えた花枝は終始ご機嫌で満面の笑みを見せる。久々に花枝の口から「押忍」が聞けて喜んだのも束の間、幼馴染の慎吾(菊池風磨Sexy Zone)は、花枝を笑顔にできたのが自分ではなく芦田という男であることにあからさまに嫉妬を募らせる。

何より周囲を驚かせたのは、児童養護施設に入って以来泣いたことがないという花枝の「大泣きしちゃった」発言だ。児童養護施設の施設長・直美さん(稲森いずみ)は「良かったんじゃない? 泣けたなら。何にせよ心が大きく動くっていうのは良いことだよ」「心が大きく動いたんだから未来も動くよきっと、良い方にね」と花枝の変化の兆しに安堵の表情を見せる。

そしてまた「泣かないんすけどね、あいつ絶対。だからよっぽど嬉しかったっていうか感動したんだと思います。ありがとうございました、あいつ泣かしてくれて」と芦田に頭を下げる慎吾の姿は、視聴者だけでなく芦田の心も動かした。実は慎吾に好意を寄せる凛(藤原さくら)が「邪魔とか妨害ってさ、恋の後押しするだけって知ってた?」と示唆していた通りに。

初対面で花枝に対して交際の申し出をした唐突さと無礼についての謝罪メールを「サンシャインクリーニング」の問い合わせメールに送った芦田。それを読んだ花枝の目にはたちまち涙が溜まる。そこに綴られていた芦田の姿は"変わりたくても、このままじゃダメだとわかっていても変われない、どうしたら良いかわからない"花枝の心境そのもので、同じ孤独に触れ、彼女の心はまた大きく揺さぶられ動く。今までは全てのことが自分を"通り過ぎていく"感覚だった2人が、互いに互いのことは無視できず、お互いのことにだけは"引っ掛かり"を覚えるのだ。

これまでただただ虚無の中にいた花枝と芦田が、それぞれの存在が頭のどこかにずっといる。自分自身に対してさえも無関心かに見える2人にとっては、他人の存在が自身の脳内や心の中を占めるなんてことは久しぶりのこと、あるいは初めてのことだったのではないだろうか。それを証拠に、その間芦田は一度も屋上の柵から身を乗り出して下を覗くことをしなかった。

そんな花枝と芦田の2月19日までの"期間限定"の交際が始まった。花枝の聴神経腫瘍の摘出手術前日までの、そして芦田が事務所から与えられた猶予期間2ヶ月間限定の。

ここで既に芦田が自身の音楽を取り戻していく一方で、花枝から音が失われていく、あまりに切なく悲痛な運命が見え隠れしてしまっている。

そして、花枝を10年ぶりに泣かせた芦田が、自分では到底引き出せない笑顔を彼女にもたらしていく様を、花枝の心を大きく大きく揺れ動かし変化を引き起こす様子を直近で見せつけられ、何も出来ずに見守るしかない慎吾目線もまた途方もなく切ない。

主治医からは「聞こえなくなったらやっぱり人生変わってしまうので。出来なくなってしまうことも多いから」と"思い出作り"を勧められた花枝だが、ハウスクリーニング先の顧客として出会った聴覚障がいのあるグラフィックデザイナー・葉子(石田ひかり)との触れ合いを通してそんな既成概念を取っ払っていってくれることをどうしたって願ってしまう。様々な工夫や技術を駆使して、一見したところ何ら花枝の生活と変わらぬ暮らしを送っている葉子が、誰にも自身の聴力に関する秘密を明かすことができずにいる花枝の心をまた動かしてくれますように。

ゼロから一緒に恋について取り組んでいく花枝と芦田の不器用でぎこちない恋模様を、そしてそれが慎吾や凛、さらには芦田のマネージャ・弓子(栗山千明)をも巻き込みどう彼らの心を動かしていくのか、ひとときも見逃さずに見守りたい。

(文:佳香(かこ)/イラスト:まつもとりえこ)

【第3話(1月25日[火]放送)あらすじ】

芦田(間宮祥太朗)と期間限定で"恋の取り組み"をすることにした花枝(清原果耶)。目一杯のおしゃれをして人生はじめてのデートにでかけるが行き先は、お世辞にも初デート向きとはいえない敷居の高い高級和食店・・・!自分たちの恋愛偏差値がかなり低いことを痛感しながらも、花枝はワクワクし心が動くのを感じていた。

鼻歌まじりに帰ってきた花枝は、直美(稲森いずみ)たちに、芦田と"恋の取り組み"を始めたことを報告!しかし慎吾(菊池風磨)は、突然の恋のライバル(?)登場に思わずイライラ・・・親友の凛(藤原さくら)は、花枝がそんなおかしな"取り組み"をするには何か理由があるのではと気になっていた。

その頃芦田も、マネージャーの弓子(栗山千明)と元バンド仲間の薫(東啓介)に、花枝とのことを打ち明けていた。良い曲を書くためとはいえ、芦田が本当に"恋の取り組み"を初めてしまったことに呆れる弓子。しかし、実は弓子もまた、芦田に抱く密かな想いを自覚して動揺していて・・・?

そんなまわりのやきもきを知る由もない花枝と芦田は、デートの仕切り直しで中華街デートを決行!いてもたってもいられない慎吾は、こっそりと2人のあとを付けるのだが・・・。

◆番組情報
『ファイトソング』
毎週火曜日22:00からTBS系で放送中。
地上波放送後、動画配信サービス「Paravi」でも配信中。