吉高由里子主演『最愛』Paravi特別版で塚原監督&新井が裏話を語り尽くす

PlusParavi
吉高由里子主演『最愛』Paravi特別版で塚原監督&新井が裏話を語り尽くす
吉高由里子主演『最愛』Paravi特別版で塚原監督&新井が裏話を語り尽くす

動画配信サービス「Paravi」では、12月17日(金)に最終回を迎えた吉高由里子主演の金曜ドラマ『最愛』のParavi特別版「最愛 塚原監督&新井プロデューサー 裏トーク版」を独占配信することが決まった。『最愛』は、初回配信後、Paravi再生人数ランキングで2か月連続第1位を獲得しており、ユーザーから絶大な人気を集めている作品で、今回、作品ファンの熱い盛り上がりを受けて立ち上がった企画「裏トーク版」は、第1話・第5話、そして最終話の計3本を収録。第1話と第5話は最終回放送直後から配信スタートし、最終話は順次配信する予定だという。

20211217_saiai1_01.jpg

本作は、殺人事件の重要参考人となった実業家・真田梨央(吉高由里子)と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事、そして、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士の3人を中心に展開するサスペンスラブストーリー。2006年、梨央が青春時代を過ごしていたのどかな田舎町で失踪事件が起きた。15年後、時代を牽引する実業家となった梨央の前に事件の関係者が現れたことにより、当時の記憶とともに封印したはずの事件が再び動き出す。過去の失踪事件が現在の殺人事件へと繋がっていく・・・その事件の真相に迫る姿を完全オリジナルで描いてきた。

Paraviでは、『最愛』の第1話から最終話まで全話独占配信中だ。さらに、「最愛 塚原監督&新井プロデューサー 裏トーク版」が配信されることが決まった。『最愛』を手掛けた塚原あゆ子監督と新井順子プロデューサーがドラマ本編を見ながらラジオのようなゆるいトークを展開。当時を振り返った撮影裏話や、本編のミステリーについて語りつくすコメンタリー企画となっている。監督とプロデューサーの2人は"伏線祭り"と題し、「あの時実は・・・」と、あとから見直さないと気付かない小さな仕掛けやSNSで話題となった謎まで次々と明かしていく。

今回は、反響が大きかった第1話、第5話、そして最終話の計3本をピックアップした内容となっており、放送が進むにつれ、真犯人を探し出すミステリー要素に、毎週SNSでも頻繁に考察が投稿され話題を呼んでいたが、その真相とは。また、ドラマ公式SNSで質問を募集した際に、放送中では答えられなかった質問にも回答している。

さらにParaviでは、2022年1月1日 (土・祝)0:00からは、未公開シーンを含んだ「最愛 ディレクターズカット版」の独占配信も決定しているという。

(C)TBS

PICK UP