成田凌主演「降り積もれ孤独な死よ」七夕の今夜 放送スタート!第1話の最新シーンカット&ストーリーを紹介

公開: 更新: 日テレTOPICS
成田凌主演「降り積もれ孤独な死よ」七夕の今夜 放送スタート!第1話の最新シーンカット&ストーリーを紹介
成田凌主演「降り積もれ孤独な死よ」七夕の今夜 放送スタート!第1話の最新シーンカット&ストーリーを紹介

今日7月7日(日)よる10時30分スタート 2024年7月期 読売テレビ・日本テレビ系日曜ドラマ『降り積もれ孤独な死よ』。

成田凌主演、共演には吉川愛、小日向文世ほか、萩原利久、佐藤大樹、野間口徹、山下美月、黒木メイサらを迎え、幾重にも積み重なる謎が予測不能な結末へと誘うヒューマンサスペンスをお届け。 原作は、講談社「マガジンポケット」で連載中のマンガ『降り積もれ孤独な死よ』(原作・井龍一、漫画・伊藤翔太)。本ドラマでは未完の原作を元にオリジナルの要素も交えたストーリーを展開する。

今夜放送の第1話は、2017年、一軒の人気のない屋敷から13人の子供の白骨死体が見つかった、通称・灰川邸事件から動き出す。事件の真相を追う刑事・冴木仁(成田凌)たちは、遺体の身元確認と、屋敷の持ち主である灰川十三(小日向文世)の行方を追っていた。そんな中、灰川を“父”と呼ぶ蓮水花音(吉川愛)が現れる。灰川とは、血のつながりも戸籍上のつながりもない花音だが、6年前まで“本当の家族”のように一緒に暮らしていたという。さらに、屋敷で暮らしていた子供は、全部で19人いたといい……。13体の遺体は19人の子どもたちの誰かである可能性が高い、と警部補の五味(黒木メイサ)らが考えていると、花音は「父は犯人ではありませんよ」と訴えて――!?

時が経ち、2024年。若者が集まる繁華街で行方不明となった1人の少女を捜す記者の森燈子(山下美月)は、刑事でなくなった冴木の元を訪れていて……。

本日公開の最新シーンカットでは、事件を追う、冴木、五味、冴木の後輩刑事・鈴木潤(佐藤大樹)の姿が。さらに、ミステリアスな存在感の花音、そして、かつて灰川邸に住んでいた子供たちの1人であり、冴木の腹違いの弟・瀧本蒼佑(萩原利久)が冴木に掴みかかる緊迫のシーンも。

一体誰が、何のために、子供たちの命を奪ったのか?そして、灰川と子供たちの関係は? 過去と現在、2つの事件の真相が毎回衝撃の展開と共に紐解かれてゆく―第1話からスピード感あふれる展開と、登場人物たちの複雑な背景が見る者の心を掴むヒューマンサスペンスドラマ『降り積もれ孤独な死よ』は今夜10時30分放送スタート!

【イントロ】

13人の子どもたちの白骨死体が見つかった、通称“灰川邸事件”。
現場に残された謎のマークが、7年の時を経て、再び姿を現す。
不可解な共同生活、 “父”と呼ばれる容疑者、事件の6人の生存者、幾重にも隠された真実。
降り積もる謎が予測不能な結末へ誘う、ヒューマンサスペンス!

2024年、若者たちが社会や家族からの逃げ場所として、たむろしている都内某所。
そこで、突如1人の少女が失踪する事件が…
そして、遡ること7年。
2017年、とある屋敷で少年少女監禁死体遺棄事件が起きた。白骨化した遺体の数は13体。
刑事・冴木仁が事件の解明に乗り出した。
被疑者は、屋敷の主・灰川十三。消息不明の謎の男だ。
そんな中、現れたのは灰川を父と慕う謎の女性・蓮水花音だった。
事件を追う冴木と花音。そして、次第に明らかになっていく真犯人の存在……
過去と現在をつなぐ事件の真相とは、いったい―

はたして、事件の真犯人は…!?
謎が新たな謎を呼び、過去と現在が交差する、クライムエンターテインメントの幕開け――

【番組概要】

脚本 橋本夏
演出 内藤瑛亮 二宮崇 高杉考宏
音楽 Jun Futamata
主題歌 あいみょん「ざらめ」(unBORDE/Warner Music Japan)

原作 『降り積もれ孤独な死よ』原作:井龍一 漫画:伊藤翔太(講談社「マガジンポケット」連載中)
累計100万部超の大ヒットクライムサスペンス『親愛なる僕へ殺意をこめて』の井龍一、伊藤翔太コンビの最新作。

チーフプロデューサー 岡本浩一(読売テレビ)
プロデューサー 中山喬詞(読売テレビ) 清家優輝(ファインエンターテイメント)
制作協力 ファインエンターテイメント
制作著作 読売テレビ

公式HP https://www.ytv.co.jp/furitsumore/
公式X @furitsumore_ytv
公式Instagram @furitsumore_ytv
公式TikTok @furitsumore_ytv