湘南発祥&豪華別荘地 “神奈川No.1街バトル”ダークホース・大磯の実力にさんま仰天

公開: 更新: 日テレTOPICS
湘南発祥&豪華別荘地 “神奈川No.1街バトル”ダークホース・大磯の実力にさんま仰天
湘南発祥&豪華別荘地 “神奈川No.1街バトル”ダークホース・大磯の実力にさんま仰天

7月2日の「踊る!さんま御殿!!」にて「神奈川No.1街バトル田舎育ち有名人の逆襲」2時間スペシャルを放送。「神奈川No.1街バトル」で“どこまでが湘南なのか”などさまざまな激論が交わされた。
上地雄輔の「どこまでが湘南なのか」という質問には、茅ヶ崎出身・文田大介(囲碁将棋)の「鎌倉、江の島、茅ケ崎まで」という発言に、それ以外の芸能人たちが猛反発。大磯出身の湘南乃海は「大磯は湘南です」と、大磯にある「湘南発祥之地 大磯」の碑の写真を提示。この証拠に神奈川出身のゲストたちはビックリ。さんまも「ウソや!」と石碑に釘付けになる。すると、それまで「湘南から座間みたいなところには遊びに行かない」「藤沢は湘南であることに、はしゃいでいる」など、ほかのエリアを見下していた囲碁将棋の2人が大磯にだけ「異質」と及び腰。「偉い人がしこたま住んでる」と、歴代総理大臣8人の別荘があることを明かすと、またもスタジオ中から驚きの声が。これにはさんまも「湘南から独立していい」と大磯の存在感に圧倒されてしまう。
また、横浜市出身タレントたちによるマウントの取り合いも勃発。磯子区出身の根建太一(囲碁将棋)が“海に面していない区”を「横浜市でもちょっと違う」と見下すと、それまで出身区を非公表にしていた髙地優吾(SixTONES)が自らの区にあるスポットを声高にアピール。各々出身地の良さを必死に自慢したり、ほかのエリアの芸能人たちがそれをイジったりする姿にスタジオでは何度も爆笑が起きていた。