「DASHご当地PR課」新企画!赤字経営が続く絶景ローカル線の魅力を全力PR ご当地食材を集めてオリジナル駅弁を作れるか!?

公開: 更新: 日テレTOPICS
「DASHご当地PR課」新企画!赤字経営が続く絶景ローカル線の魅力を全力PR ご当地食材を集めてオリジナル駅弁を作れるか!?
「DASHご当地PR課」新企画!赤字経営が続く絶景ローカル線の魅力を全力PR ご当地食材を集めてオリジナル駅弁を作れるか!?

明日6月30日(日)よる7時 日本テレビ系で放送の「ザ!鉄腕!DASH!!」は、その土地の魅力をPRする「ご当地PR課」の新企画!

赤字続きで廃線危機にある北海道のローカル線、その知られざる魅力を伝えるべく、列車の旅へ!沿線の名スポットや絶景ポイントを巡りながら、ご当地食材を集めてオリジナル駅弁づくりに挑戦する。

◆“謎解き”しながらローカル線の魅力をPR!オリジナル駅弁を作れるか!?

「来たね北海道!やっぱテンション上がるね!」と開始からハイテンションの国分太一(TOKIO)、大西流星・藤原丈一郎(なにわ男子)がPRするのは、北海道函館市の五稜郭駅から木古内駅までの12駅、全長約38キロを津軽海峡に沿って走行するローカル鉄道・道南いさりび鉄道。利用客のほとんどが地元の方で、この1年で約2億円の赤字…しかし、沿線には全国に誇れる名スポットがてんこ盛り!

その魅力を伝えるべく、沿線のPRポイントが記された“謎解きマップ”を手に五稜郭駅を出発する3人。鉄道好きの大西も「キハ40や!」と目を輝かせて喜ぶレトロな列車に揺られながら、気になるポイントが来るたびに途中下車。鉄道ファンにはたまらない独特な造りの無人駅に「これ駅!? 面白い!」と驚いたり、あの懐かしの列車がホテルに…昭和にタイムスリップしたような新感覚の宿泊施設でくつろいだり。太一も「やばい!泊まりたい!」と帰りたくなくなっちゃう?

さらに、海と修道院を結ぶポプラ並木からの絶景に「外国みたい!」「日本やと思われへん!」と大感動。そんな一同の前に現れた謎の“すし怪獣”とは…?

100年以上続く農家が作る“神野菜”や、こだわりのご当地米、幻の和牛まで…行く先々でご当地食材も次々ゲット。「ぜいたくな駅弁になるよ!」と3人が期待を膨らませる沿線の町の思いが詰まった名産品尽くしのオリジナル駅弁は、果たしてどんなものに!?