「街並み照らすヤツら」今夜最終回!正義(森本慎太郎)の判決は?商店街の未来は?【最終回あらすじ】

公開: 更新: 日テレTOPICS
「街並み照らすヤツら」今夜最終回!正義(森本慎太郎)の判決は?商店街の未来は?【最終回あらすじ】
「街並み照らすヤツら」今夜最終回!正義(森本慎太郎)の判決は?商店街の未来は?【最終回あらすじ】

今日6月29日(土)よる10時 最終回(第10話)が放送の日本テレビ系土ドラ10「街並み照らすヤツら」。

GP帯ドラマ単独初主演・森本慎太郎(SixTONES)が演じる、さびれたシャッター商店街で経営ギリギリのケーキ屋「恋の実」を営む店主・竹野正義が、大切な店・家族を守るため、偽装強盗に手を染めてしまう…しかし、そこからドラマは予期せぬ展開へ!仲間や商店街のために巻き起こす、笑いと絆のヒューマンエンターテインメント。今夜の最終回のあらすじを紹介!

裁判の判決を明日に控え、保釈中の正義(森本慎太郎)は彩(森川葵)と2人でケーキ作りに大忙し。今日は商店会のみんなを店に招き、今までのお礼とおわびの気持ちを込めてケーキをごちそうするのだ。

開店と同時に、街のみんなが続々と店にやって来る。莉菜(月島琉衣)も、龍一(皆川猿時)も、園田(円井わん)も、街を出て行った向井(竹財輝之助)の姿もある。さらに、偽装強盗をしなければ出会うこともなかったであろう刑事の澤本(吉川愛)や、シュン(曽田陵介)、マサキ(萩原護)も駆け付け、店は大にぎわい。正義と彩は来てくれた一人一人に、それぞれをイメージして作ったオリジナルケーキを振る舞っていく。


 
一方荒木(浜野謙太)は、自分の店で一人寂しくビールをあおっていた。街のためとはいえ、正義一人に責任をなすり付けようとしてしまったことが後ろめたくて、みんなの前に顔を出せないのだ。すると、そこへ日下部(宇野祥平)が訪ねて来て…。

そんな中、正義の店に商店会長・大村(船越英一郎)と息子・光一(伊藤健太郎)が現れ、和やかなムードが一変。「この商店街は、なくなります」。光一の無情な宣告が、商店街に響き渡る…!


 
当たり前のようにケーキを食べて、当たり前のようにおいしいと思える…そんな平和な毎日が、みんなに訪れますように…。正義に下される判決は!? 商店街の未来は!? 運命の最終回、今夜10時放送!

■番組概要

脚本:高田亮 清水匡
音楽:大野宏明
主題歌:ササノマリイ「窮鼠」
監督:前田弘二 鯨岡弘識 中里洋一 長野晋也
プロデューサー:藤森真実 榊原真由子 宇田川寧 妙円園洋輝
チーフプロデューサー:道坂忠久
制作協力:ダブ
製作著作:日本テレビ

番組公式HP:https://www.ntv.co.jp/machinami-ntv/
Instagram:@machinami_ntv
X(旧Twitter):@machinami_ntv
番組公式ハッシュタグ:#街並み照らすヤツら