“ハンバーグ総重量700g!プレハブ巨大めしレストラン” テレビ初取材 千葉にある「オモウマい」人気店

公開: 更新: 日テレTOPICS
“ハンバーグ総重量700g!プレハブ巨大めしレストラン” テレビ初取材 千葉にある「オモウマい」人気店
“ハンバーグ総重量700g!プレハブ巨大めしレストラン” テレビ初取材 千葉にある「オモウマい」人気店

毎週火曜日よる7時 中京テレビ制作・日本テレビ系列で放送の「ヒューマングルメンタリー オモウマい店」。

きょう6月25日(火)は、「パワー増し増し夏の2時間スペシャル!ハンバーグ総重量700g!プレハブ巨大めしレストラン」を放送!

■オモウマい店① 大繁盛大慌てプレハブ巨大めしレストラン(千葉県四街道市)

テレビ初取材となる、千葉県四街道市のオモウマいレストラン。駐車場に建てられたプレハブ2棟と小屋にそれぞれキッチンと客席がある珍しいスタイルだが、お昼時にはすぐ満席となる人気店。

名物は、チェダーチーズとゴーダチーズのスライス2種合計11枚を固めてブロック状にし、国産の牛豚合いびき肉の中に包んで焼き上げた“チーズインチーズハンバーグLサイズセット”(2,180円)。ハンバーグの総重量は700gという大ボリュームで、ハンバーグの上にもさらにチーズを追加する。お客さんからは「チーズとお肉、1対1の割合。めちゃくちゃ美味しいです」との感想が聞かれる。

ほかにも、自家製南蛮ソースと自家製タルタルソースで味付けした“チキチキ南蛮セット”(1,380円)や、特製辛みそが決め手の“鶏の辛みそ焼きセット”(1,380円)などが人気で、さらに青のり入りの米粉を付けて揚げる“唐揚げ”(250円)も、「普通の唐揚げとは違った香ばしさ」と、このお店ならではの味となっている。

デザートにも驚愕のメニューが用意されており、アイスクリーム19杯をタワー状に重ね、チョコ菓子とソースでデコレーションした“ジャンボチョコレートパフェ”(1,580円)のビッグサイズには思わず「嘘……」と言葉を失うお客さんもいるほど。調理の際にバランスが崩れて斜めになることもあるが、その場合は割引のサービスになることもある。

厨房のスタッフがふたつのプレハブと小屋を小走りで行き来するなど、決してその導線や調理環境が良いとは言えないこの店舗。その中で効率を高めるため、一方のキッチンではハンバーグやデザートなどを、もう一方のキッチンで揚げ物や炒め物を中心に調理している。じつは以前別の場所で運営されていたが、台風の直撃を受けて店舗が倒壊。4年後の2023年、社長の実家の敷地内に建てたプレハブで営業を再開した。

また、お店は弁当屋としても営業している。お店の倒壊、さらにプレハブ店舗での営業という紆余曲折を経ながらも営業を続けているのには、ある大きなきっかけがあり――。

■オモウマい店② にんにく侍ラーメン(群馬県桐生市)

群馬県桐生市にある、行列の絶えない人気のラーメン屋。お店の最大の特徴はにんにくを大量に使ったラーメン。お店の定番である “本当のにんにくラーメン”(1,200円※完食の場合)は、鯛だしに特製の黒ごまみそを合わせたスープに、麺120g、おろしにんにく、さらに油で炒めて香りを出したにんにく250gを加える。その数は大粒なら50個、小粒なら100個というから驚き。“にんにくらーめん”はスープ以外食べきることが前提のため、「50個も食って大丈夫なん?」と初来店のお客さんは困惑の様子を見せるが、店主曰く「5万人位食べたけど残したのは2人」。70歳と高齢の常連さんもいるという。

人気なのは、チャーシュー3枚に、おろしにんにく45gを加えた“にんにくチャーシュー”(1,500円※完食の場合)で、ほかにも、開店当時からあるにんにく約15個の“最初のにんにくらーめん”(1,000円)などがある。一方で、「1日はとれない」「翌日は自分の臭さで目が覚める」とのお客さんの証言があるように、量に比例した強烈な臭いは健在で、食べる際は以降の予定を調整する必要も……。

にんにく抜きのメニューでは、「味わうなら塩ですね」と常連さんがオススメする “鯛だし塩らーめん”(850円)をはじめ、浜名湖産の生海苔を使った“浜名湖産生海苔らーめん”(1,100円)などバリエーションも豊富。中身をくり抜いたメロンの中に麺を入れ、塩ダレとオリーブオイルなどで味付けした夏場の裏メニュー“メロンらーめん”(1,250円)といった変わり種も。

和食の料理人だった店主がはじめたこのお店。40歳の頃、自分のお店を持とうと物件を探す中で見つけたのがラーメン屋の居抜き物件で、これも運命とラーメンづくりを独学で勉強し約2か月で開業に漕ぎ着けたという。開店当時に比べてにんにくの量が増えたのは「俺が転んで(丼ぶりに)いっぱい入った」と笑う店主。しかも店主は、「にんにくらーめんがそんなに儲からないから」と弁当作りも行っている。さらにもうひとつ、飲食店店主とは別の顔もあって――。

■オモウマい店③ 味のイサム研修道場(埼玉県羽生市)

番組が長年取材を続けている、埼玉県・羽生市にある“豚から”の名店「味のイサム」。2024年4月、中京テレビに入社した新人社員たちを対象に「味のイサム」を舞台にした研修がスタート。一昨年からはじまったこの研修では、社員たちにお店の接客や掃除、仕込みなどを通じて社会人としてのマナーや哲学を教えていく。

さらにカメラの持ち方や取材交渉といった「オモウマい店」スタッフとしての基礎まで、名物店主・清彦さんから教わることに!?

※内容は変更になる可能性がありますので、ご了承下さい。
 

■出演者
MC:ヒロミ
進行:小峠英二
ゲスト:飯尾和樹(ずん)、若槻千夏、白濱亜嵐(GENERATIONS)、梅澤美波・池田瑛紗(乃木坂46)、後藤威尊・佐野雄大(INI)

■番組HP:
https://www.ctv.co.jp/omouma/