「街並み照らすヤツら」法廷に舞う紙吹雪… 正義(森本慎太郎)の裁判で本音をぶちまける彩(森川葵) 2人の関係はどうなる?

公開: 更新: 日テレTOPICS
「街並み照らすヤツら」法廷に舞う紙吹雪… 正義(森本慎太郎)の裁判で本音をぶちまける彩(森川葵) 2人の関係はどうなる?
「街並み照らすヤツら」法廷に舞う紙吹雪… 正義(森本慎太郎)の裁判で本音をぶちまける彩(森川葵) 2人の関係はどうなる?

今日6月22日(土)よる10時 第9話が放送の日本テレビ系土ドラ10「街並み照らすヤツら」。

GP帯ドラマ単独初主演・森本慎太郎(SixTONES)が演じる、さびれたシャッター商店街で経営ギリギリのケーキ屋「恋の実」を営む店主・竹野正義が、大切な店・家族を守るため、偽装強盗に手を染めてしまう…しかし、そこからドラマは予期せぬ展開へ!仲間や商店街のために巻き起こす、笑いと絆のヒューマンエンターテインメント。

今日の放送を前に、新たに場面写真を解禁!

この場面写真では、正義(森本慎太郎)と彩(森川葵)が法廷で抱き合い、紙吹雪が舞っている。まるでミュージカル映画のようなこのシーンの意味とは?そして、この色とりどりの紙吹雪はいったい何なのか?

第9話では、正義の裁判の証言台に、妻である彩も立つことになった。「証人にとって被告人はどのような人物ですか?」と問われた彩は、「自分勝手!」と即答する。続けて、「身の程知らず、できることはケーキを作ることだけ。」という。

被告人である夫に対して、日ごろの本音をぶちまける彩。そして、ついに彩が辿り着いた答えが法廷で明らかになる。商店街を守るために、たった一人で責任を背負ったまま運命の裁判に臨んだ正義と、証言台に立った彩。正義と彩の夫婦の関係はいかに?魂揺さぶる衝撃の展開の第9話は、今夜10時から放送!

■番組概要

脚本:高田亮 清水匡
音楽:大野宏明
主題歌:ササノマリイ「窮鼠」
監督:前田弘二 鯨岡弘識 中里洋一 長野晋也
プロデューサー:藤森真実 榊原真由子 宇田川寧 妙円園洋輝
チーフプロデューサー:道坂忠久
制作協力:ダブ
製作著作:日本テレビ

番組公式HP:https://www.ntv.co.jp/machinami-ntv/
Instagram:@machinami_ntv
X(旧Twitter):@machinami_ntv
番組公式ハッシュタグ:#街並み照らすヤツら